フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

MPEG動画からメニューやチャプター付きDVDビデオを作成するオーサリングツール : DVDStyler

スポンサーリンク

DVDStyler : MPEG動画からメニューやチャプター付きDVDビデオを作成するフリーソフト
「DVDStyler」は、MPEGムービーファイルを読み込んで、DVDタイトル、DVDメニュー、チャプター分けなどを作成してオリジナルDVDビデオを作成することができるDVDオーサリングツール。

MPEG動画の編集機能はありませんが、背景画像の設定や映像のジャンプボタンなどの編集が初心者でも容易に行え、素材となるMPEG動画ファイルさえ用意されていれば一般のDVDプレイヤーで再生可能なタイトル、メニュー付きDVDビデオを作成することができます。

読み込むMPEG動画はDVDビデオ規格に適した形でフォーマットされていないと読み込めません。

そのようなDVDビデオ規格に合わない通常のMPEG動画ファイル、またはAVI、WMV、FLASHビデオファイルをDVDビデオ規格に合ったMPEG動画に変換するには「Any Video Converter」などの動画変換用ツールがあれば簡単に動画変換できます。

これらはDVDStylerとセットでダウンロードしておくことをおすすめします。

DVDメニューは背景画像を指定し、そこへ説明や任意のテキスト文字の入力やチャプター用フレームボタンの挿入、指定メニューへのジャンプボタンなどを自由に配置して作成します。

デフォルトでは、映像規格が海外規格の”PAL”になっていいるので「DVD」→「オプション」から”NTSC”に変更し、オーディオフォーマットは”AC3”にしておくのがベター。

一通り作成したDVDビデオイメージの編集内容はXMLフォーマットで保存できるほか、そのままDVDに書き込みするかISOイメージに出力することが可能。

主な特徴 -Main Features-

  • MPEG動画ファイルのドラッグ&ドロップ操作にてDVDビデオイメージ(ISO)の作成、DVDビデオの書き込み
  • DVDタイトル、DVDメニュー画面の作成(背景画像、ボタンやテキストの挿入と割り当て)
  • チャプター設定(フレームボタンに静止画像と共にチャプター割り当て可能)
  • 映像/音声設定(ドルビー、サンプリングレート、解像度、表示言語、アスペクト比、キャプション等)
  • 入力サポートムービーフォーマット:
    DVDビデオ規格に準拠したMPEG1、MPEG2、VOBファイル
  • 映像規格(PAL/NTSC)の選択
  • オーディオフォーマット(AC3/MP2)の選択
  • コマンドによるISOイメージファイルの作成やDVD書き込み等の操作

動作環境 -Requirements-

  • Windows
  • Mac OS X

Download

このソフトはいかがでしたか?

0
コメント1件
URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card