フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

DIKO : AVI(DivX/XviD)からDVDビデオ/SVCDを作成するフリーソフト

スポンサーリンク

DIKO : AVI(DivX/XviD)からDVDビデオ/SVCDを作成するフリーソフト
「DIKO」は、DivXまたはXviDコーデックを使用してエンコードされたAVIフォーマットのムービーからDVDイメージを作成したり、DVDビデオ/SVCDとしてライティングすることができるフリーソフトです。

「DIKO」は単体アプリケーションで動作するビデオディスク作成ツールではなく、コマンドベースで動画編集を行う「AVISynth」、音声抽出に「AVI2WAV」、ISOイメージファイルの出力には「MKISOFS」、DVDビデオまたはSVCDへの書き込みに「ImgBurn」を利用するなど、ほかにも様々な機能を持つソフトウェアがバンドルされて統合的にDVDイメージ作成やDVD、SVCDオーサリング作業を進めることができるツールです。

DVDメニューの作成を行う際には、DVDStylerかDIKO Menu Creatorのいずれかを利用できます。

大まかな操作は、「NEW CONVERSION」ボタンで起動したウインドウからAVIファイルの参照(またはドラッグ&ドロップ)を行いムービーを追加します。

「EDIT」ボタンから動画ファイルの変更や字幕ファイル(*.srt)の読み込み、クオリティ設定などが必要に応じて行えます。

一通り編集作業が終わったら「FINISH」ボタンをクリックし、DVDオーサリング設定画面に移行します。
ここで、DVDメニューの有無と作成、動画のメイン音声言語と字幕言語の設定、分間隔でのチャプター分割設定、DVDラベル設定などを編集し、出力先としてDVDイメージ、ImgBurnでのライティングのどちらか、あるいは両方として作成することができます。

「DIKO」は海外ツールなので、PAL/NTSC(カラー映像規格)はデフォルトでは「PAL」に設定されているため、NTSCに変更してからDVD、SVCDの作成を行ってください。

上位版の「DIKO Gold」では、さらに字幕のカスタマイズ、D2Vモードでの*.sub/.idx字幕のサポート、バッチ処理などの機能を備えています。

主な特徴 -Main Features-

  • AVI( with DivX, XviD)ムービーからDVDビデオイメージ、またはDVDビデオ/SVCD(Super Video CD)の作成
  • DVDメニューの作成(DVDStyler、またはDIKO Menu Creatorの選択)
  • 使用ビデオエンコーダーツールの選択(FreeEnc, AQE, CCE 270, eclCCE, HC, QuEnc, TempgEnc)
  • ワイドスクリーン設定
  • リソリューション(動画サイズ)設定
  • オーディオ抽出・変換設定(AVI2WAV または VirtualDubMod)
  • 字幕ファイル(*.srt)の読み込み
  • 字幕設定(フォント、マージン、位置)
  • チャプター分割(分単位)
  • PAL/NTSC選択
  • 処理優先度の設定
  • コンバートプロセスのログ出力
  • FreeEncのバンドル

動作環境 -Requirements-

  • Windows

Download

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card