フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

AVStoDVD : あらゆる動画ファイルを再生可能なDVD/ISOイメージへ作成

スポンサーリンク

AVStoDVD : あらゆる動画ファイルを再生可能なDVD/ISOイメージへ作成
「AVStoDVD」は、ディスク上にあるavi, mpeg, wmv, mp4など、あらゆる動画フォーマットのファイルを読み込み、DVDビデオとして直接書き込み、またはISOディスクイメージファイルとして作成することができるフリーソフトです。

AVStoDVDは、様々な動画ファイルやDVDオーサリングに関するオープンソースプログラム、フリーウェア群のフロントエンドとして統合的な機能を果たしており、動画やオーディオの編集機能は「AviSynth」、エンコード処理には「QuEnc/ReJig」、MPEG2の作成・結合およびDVDオーサリングには「DVDAuthor」、ライティング処理には「ImgBurn」が機能しています。

このDVDビデオ作成ソフトは、複数の動画ファイルをまとめて書き込むことはできませんが、avi, mpegなどの広く利用される動画ファイルのほかに、FLASHビデオ(*.flv)やMKV、QuickTimeムービー(*.qt, *mov)、3g2、3gp、Ogmなどといった普段利用されるほとんどの動画フォーマットを変換ツールなどを介さず直接読み込んでDVDビデオやISOディスクイメージとして出力できるのが特徴です。

動画ファイル、音声ファイル、字幕ファイルはそれぞれ独立して読み込ませることが可能で、使い方も基本的な流れで行うのであれば特に難しいことはなく、画質の調整も高・中・低の3段階で分かりやすくなっており、音質に関しては各ビットレートの設定を手動で行うか自動設定とするかを選ぶことができます。

書き込むDVDディスクのサイズは”DVD Size”ボタンから1層4.7GB、2層9.4GB、またはカスタムサイズに設定できます。

”Output”ボタンからは、希望する出力対象をMPEG2ムービー、DVDフォルダ、ISOイメージファイル、DVDビデオのいずれかから選択します。

”AVS Script”ボタンでは、動画のトリミングやリサイズ、最適化、ワイドスクリーン設定、音声遅延編集などの動画編集を必要に応じてスクリプトレベルで行えます。

DVDビデオとしてライティングしたり、イメージファイルを作成する単位をジョブとしてリストに複数登録することが可能で、各動画ファイルを読み込んで各オーサリング設定をしたものをジョブリストに登録し、後でバッチ処理で書き込みやイメージファイルの出力が行えます。

DVDビデオやISOファイルに出力する際は、事前に”Setting”の”Audio/Video”タブにて、’DVD Video Format’をNTSCにしておきます。

主な特徴 -Main Features-

  • あらゆる動画ファイルからDVDビデオディスクへ書き込み、ISOイメージ変換、DVDフォルダ出力、MPEG2ムービー出力
  • 動画ファイル、音声ファイル、字幕ファイルを独立して読み込み可能
  • エンコーディング設定(高・中・低)
  • オーディオビットレート設定(自動、手動(平均/最大ビットレート))
  • インターレースエンコード
  • 動画編集機能(AviSynthによるトリミング、クロッピング、リサイズ、遅延修正、最適化など)
  • ジョブリスト登録によるバッチ処理
  • PAL/NTSC設定
  • サポート入力ムービーフォーマット:
    avi, mpeg(mpg), asf, wmv, ogm, mkv, flv, qt, mov, rm, 3g2, 3gp, など

動作環境 -Requirements-

  • Windows 2000/XP/Vista

Download
定番動画編集ソフトウェアはこちら

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card