フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

トイカメラ風やタイル加工など流行りの画像効果を簡単に実現できるWebアプリ : Fotor

スポンサーリンク

スマホを中心に、撮影した画像をレトロ風に加工したり複数の写真を敷き詰めて1枚の画像にするお手軽なフォトレタッチアプリが最近は人気のようですが、「Fotor」はそんな流行りのレタッチ機能も持つ、オンライン上で手持ちの画像をおしゃれに加工するWebサービス。

機能別にメニューが分かれていて使いやすいユーザーインターフェースでありながら、できることはかなり豊富でPhotoshop並みの加工もいとも簡単に施すことができます。

別途、iOSアプリ、Androidアプリも提供されています。

「Fotor」のWebアプリ(オンラインサービス)はAdobe AIRで開発されているので、ブラウザで利用するにはFLASHプレイヤーが必要です。

デスクトップアプリケーションではないですが、数MBもあるようなPC上のイメージファイルの取り込みがタイムレスなので、サーバーにアップロードせずにクライアント側で直接処理している感じです。
処理もレンダリングもかなり高速なので、必要なときだけオンラインでデータを取得して、あとはクライアント上で加工処理しているようです。

Webアプリでありながらかなり機能が豊富なので、おおまかな機能と需要のありそうな機能のみに限定して使い方などをみてみましょう。

まずは「Fotor」にアクセス。表示する画面は同じですが、機能別にアクセスできます。上部は季節などによって変わる限定メニューのようです。今はクリスマスカード用のフレームなどが楽しめるようです。

読み込む画像は、ローカルはもちろん、Facebook、Flickr、Web上のURLを指定してインポートすることができます。

プレビューが表示される中央の上部には、アンドゥ/リドゥ、元画像との比較表示、保存、出力解像度設定、全画面表示へのメニューがあります。

基本画像編集

左ペインの一番上の”Basic Edit”では、イメージを加工する標準的な機能にアクセスできます。このメニューだけでも、かなりの加工ができてしまいます。

チルトシフト機能

基本編集機能の中でも、最近流行りの、普通の画像をマクロ撮影のように段階的なぼかしを施してトイカメラ風な仕上がりにする「チルトシフト」機能をみてみましょう。チルトシフト機能では、ぼかしのかけ方を円形かラインから選んで調整します。

  • Inradius Size : 焦点から内側のぼかし距離
  • Exradius Size : 外側のぼかし距離
  • Aperture Size : ぼかしの強さ

プレビューではぼかしの境界線をチェックしながら、ラインの角度も変更できます。

エフェクト

クラッシック、Lomo、ビンテージ、クール、モノクロ、ファンキーというジャンル別で予め用意されているあらゆる雰囲気の加工をクリックだけで施せます。

各ジャンル内にはさらに様々なパターンが用意されており、選択してエフェクトの強弱をつけるだけで、ただの画像が簡単に味のあるおしゃれな雰囲気を持つ写真に変えることができます。

フレーム加工

フレーム加工機能にも様々なジャンルが用意されています。

ジャンルごとでさらにフレームのテーマが細分化されていて、クリックするだけでいくつでもフレームを入れ替えられます。

HDR(ハイダイナミックレンジ)合成

HDR合成とは、簡単にいえば露出(明暗)の差が激しい写真を明るくすると十分な露光の部分は白飛びしてしまい、暗くすると露光が不十分なところがより暗くなってわからなくなってしまう場合に、それぞれの露光のイメージを合成して明暗の差が激しい被写体全体を均一にはっきりと見やすくする手法のこと。

そのようなHDR用の画像素材があれば、このメニューから合成してHDR画像を生成できます。ただし、この機能ではクラウド上に一旦画像がアップロードされて合成され、生成されたイメージには「Fotor」のロゴが入ってしまいます。
このロゴを削除するには、「Fotor」サービスをFacebookのアカウントと連携する必要があります。

クリップアートの挿入

フレームと同じように、イメージに予め用意されている様々なクリップアートを合成できます。

クリップアートにも様々なジャンルが提供されていて、その中から合成してみたいイラストがあればクリックするだけで簡単に挿入できます。

プレビューに表示されたクリップアートは自由に挿入位置を移動でき、さらに透明度、回転、サイズ変更などが行えます。

テキストの挿入

イメージに任意の文字をいくつも挿入できます。フォントはローカルにインストールされているフォントデータを読み込んでいます。

テキストはフォントカラー、太字、イタリック体を指定できるほか、もクリップアート同様、透明度、回転、サイズを変更できます。

ブラシ機能

ブラシ機能では、全体をモノクロ化した状態からカラー抜きできる最近流行りの「カラースプラッシュ」加工の他、指定個所のモザイクと指定個所以外をぼかすことができます。

カラースプラッシュ(色抜き)機能

ブラシ機能の中から「カラースプラッシュ」についてもう少し詳しく。

カラースプラッシュでは、ブラシサイズとプレビューのサイズを変更しながらモノクロ化したイメージから色を残す部分だけをうまく調整して、残された色のオブジェクトを強調するおしゃれな画像に加工できます。

それではちょっとここで「Compare」をクリックして加工する前と加工した後で見比べてみましょう。ここまでの加工で、ものの1、2分程度しかかかっていません。

コラージュ機能

コラージュ機能では、複数の画像を組み合わせて1枚のイメージに合成することができます。

タイル状に複数画像を合成

コラージュ機能でタイル状に合成してみます。
合成する画像の枚数に合わせて”Template”から任意のフレームを選び、右のイメージのリストからドラッグアンドドロップして配置します。“Transparent Border”にチェックをして枠を透過させることもできます。

スクラップ風に複数画像を合成

“Free Collage”を選ぶと、無地または任意のフレームテンプレート上に複数の画像を自由に配置して1枚のスクラップイメージを作成できます。

加工イメージの出力

「Fotor」で編集したイメージは、JPEGまたはPNGへローカル出力するか、Facebook、Flickr、Twitterへダイレクトにアップロードできます。

以下、加工したサンプルイメージです。Original photo:Paris by Moyan_Brenn, on Flickr

Fotor
Fotor : iPhoneアプリ Fotor : iPadアプリ Fotor : Androidアプリ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card