フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

IgRemote : 高速描画でリモートPCの音声も聞ける遠隔操作ツール

スポンサーリンク

IgRemote : 高速描画でリモートPCの音声も聞ける遠隔操作ツール
「IgRemote」は、動画、音声、画像の描画処理速度に重点を置いた、離れた場所にあるPCのリモート操作を行うことができるリモートデスクトップ用フリーソフトです。

同類のリモコンツールとして有名なのは、「UltraVNC」がありますが、このIgRemoteの特徴としては、「DirectX」と「GDI+」によるデータの圧縮、高速描画、UltraVNCにはない音声転送を実現し、個人用途に絞ったマルチメディア処理に長けている点があります。

また、IgRemoteはインストール不要の単体アプリケーションとして手軽に設置、起動が可能となっており、サーバー機能(リモート操作されるPCに必要)、クライアント機能(リモート操作するPCに必要)が1つになっているため、リモートPC間でのサーバ/リモート操作の切り替えも簡単に行えます。


使い方も至ってシンプルとなっています。

まず、リモート操作をするPCとリモート操作されるPCでIgRemoteをコピーしておき、遠隔操作されるPC上ではサーバモードで起動し、待ちうけ用の待機アドレス、ポート番号、接続時のパスワード、遠隔操作の可否、そしてWindowsサービスとして登録するかなどを指定した上で、タスクトレイに待機させておきます。

次に、リモート操作を行うPC上ではクライアントモードで起動し、先にサーバ側で設定しておいた接続先のPCのIPアドレスまたは名前解決できるマシン名、接続ポート番号、パスワード、その他操作レベル(音声伝送の有無、高解像度の有無など)を任意のものに選択して接続後、すぐにリモート操作が可能となります。

高解像度の有無やウインドウサイズ、音声の伝送などは、接続後でもタスクトレイのメニューからいつでも変更が可能です。

縦横の比率を保持しながらウインドウサイズを変更するには、一旦ウインドウサイズを1:1に標準化しておいてから、IgRemoteのウインドウの角をマウスで調整します。

実際の使用には、高解像度を有効にしないと、非常にドットの粗いリモートデスクトップ画面となってしまうため、高解像度がOFFの状態では実用に値しません。

※同作者にて、現在IgRemoteとは別ラインにて、さらに高速描画に特化した新たなリモコンツールが近日公開されるようなので、そちらに期待したいところです。

LAN内のローカルIPアドレスだけではなく、VPN環境が構築されていれば、そのVPN用のIPアドレスにてサーバは待機し、インターネットを介して接続することも可能です。

IgRemoteとUltraVNCによるリモート操作の比較

ただし、環境によってはそれほど高速描画が実現しない場合もあり、IgRemote v.1.8.5時点での全体的な印象としてはUltraVNCの方が実用性は高いかもしれません。

主な特徴 -Main Features-

  • ゲーム、動画、音声の取得といったマルチメディア利用におけるPCのリモート操作に特化したリモコン機能
  • インストール不要、サーバ機能とクライアント機能を併せ持つ単体アプリケーション
  • ログ出力機能
  • Windowsサービスへの登録
  • クライアント・サーバ間でのクリップボード共有(テキストのみ)
  • 接続パスワードによるセキュリティ
  • 差分通信、圧縮通信、高解像度の有無によるトラフィックのコントロール
  • 英語表記モードへの切り替え

動作環境 -Requirements-

  • Windows Vista/XP/2000
  • WindowsServer 2008/2003
  • Windows2000の場合は「gdiplus.dll」が必要

Download

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card