フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

File Shredder : ディスク上のファイルを復元不能にして完全消去するファイル削除ソフト

スポンサーリンク

File Shredder : ディスク上のファイルを復元不能にして完全消去するファイル削除ソフト
「File Shredder」は、ハードディスク上に存在するあらゆるファイルを、通常のファイル削除とは異なるいくつかのアルゴリズムで完全に削除することができる、ファイル削除ユーティリティフリーソフトです。

通常、PCからファイルを削除する場合はごみ箱に移動し、さらにごみ箱内のファイルを削除するとWindows上からは一見、完全に削除されたように見えますが、これはOS側から見えないだけで、実際にはディスク上にはファイルの痕跡がしっかり残っており、フリーソフトでもよくあるファイル復元ツールで簡単に復元することができる状態になっています。

ファイルリカバリーツールで復元できて助かる場合も多いですが、逆に言えばそれは重要なデータや個人情報に関わるようなファイルであるほど削除ファイルに対するセキュリティリスクがある、ということです。

何らかの理由で不要になったり、作成過程で削除対象となったビジネス上の重要なファイルや機密情報を持つデータをハードディスク上から完全に削除する場合は、このようなファイルシュレッダーツールを利用するのが賢明です。
また、プライベートに関するファイルも同様です。

ファイルをディスク上から痕跡を残さずに完全に削除するには、バイナリデータを複数回上書き処理を行ってディスク上の痕跡をなくしますが、「File Shredder」はこのファイルシュレッディングのためのアルゴリズムを5種類から選ぶことが可能となっています。

ファイルの痕跡消去のアルゴリズムには、35回もファイルを一定の法則で上書きして消去する「グートマン推奨方式」や、米国国防総省準拠方式のアルゴリズムである「DoD 5220.22-M」(7回上書き)など、合計で5種類。

また、上書きによるファイルの削除(痕跡消去)のほかに、既にファイルを削除して痕跡が残っている可能性のある空きディスクスペースの消去機能(Shred Free Disk Space)もあります。

空きディスクスペースの痕跡消去は、ローカルハードディスク、またはリムーバブルディスクのみに対象が絞られます。

主な特徴 -Main Features-

  • Windows PC上のファイルをディスク上から完全に痕跡を消去するファイルシュレッダー
  • 5種類のファイル痕跡消去(上書き)アルゴリズム
    1.Simple One Pass
    2.Simple Two Pass
    3.DoD 5220.22-M
    4.Secure erasing algorithm with 7 passes
    5.Guttman algorithm with 35 passes
  • ローカルディスク、ネットワークドライブ、リムーバブルドライブ上のファイル消去
  • 空きディスクスペースのファイル痕跡消去(ローカルドライブ、リムーバブルドライブ)
  • ファイルのドラッグアンドドロップによる削除ファイルの追加
  • コンテキストメニューからの痕跡消去(シェル拡張)

動作環境 -Requirements-

  • Windows NT/2000/XP/Server 2003/Vista

Download

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card