フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

Contexter : 右クリック(コンテキスト)メニューを自由にカスタマイズするソフト

スポンサーリンク

コンテキストメニューのカスタマイズ「Contexter」
「Contexter」は、ファイルやフォルダ、エクスプローラ上での右クリックメニューの項目を追加したり削除することができる、ユーティリティ フリーソフトです。

たとえば、動画や音楽、画像ファイル別にメディアプレイヤーを使い分けていたり、同じ動画でもISO形式のDVDイメージとmpegなど一般圧縮形式の動画でもプレイヤーを使い分けているときなど、いちいちデスクトップやスタートメニュー、さらにはインストールフォルダまで移動してメディアプレイヤーを起動するのは、非常にめんどくさいです。

そんなとき、この「Contexter」で目的の動画フォーマットファイルごとに選択して出てくる右クリックメニューに目的のメディアプレイヤーで開く項目を追加して、簡単に目的のアプリケーションでファイルを開くことができます。

もちろん、ファイルタイプごとでなくてもすべてのファイル、フォルダに対する右クリックメニューの項目をカスタマイズできます。

また、Windowsのエクスプローラ内でファイル未選択時の右クリック時と「ファイル」メニューにでてきる「新規作成」項目も自由にカスタマイズできます。

主な特徴 -Main Features-

  • 直接レジストリの追加、変更、削除をせずに、メニュー画面から各コンテキストメニューのカスタマイズが可能
  • 各種関連付けされたファイルの一覧から、ファイル選択→右クリックメニューに追加する処理(プログラム、引数、表示名)の追加
  • フォルダまたは既存の関連付けされたファイルのコンテキストメニューの一覧から変更、削除、既定設定が可能
  • エクスプローラ上で右クリックした際に表示される「新規作成」メニューへの関連付けされた空ファイル作成、またはテンプレートを引き継いだファイル作成項目の追加
  • 「送る」メニューへの任意フォルダ、プログラムの追加、既存項目の編集
  • 各ファイルタイプ別のSystemFileAssociations, およびshellexの無効化

動作環境 -Requirements-

  • Windows XP
  • (※Windows Vista でも動作確認済。ただし、公式対応ではないので自己責任においてお願いします)

このソフトウェアは、裏でレジストリを操作しているので、取り扱いにはそれなりに注意してくださいね。。

Download this software

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 右クリックからのコンテキストの編集ですが、どうもFlash Player10.2.153.1と、Flash Player Debugger10.2.153.1が消えません。
    更に変なサイトから勝手に聖教新聞のflashとインドのFlashがダウンロードされ、今のバージョンは11.3.300.271なんですが古いバージョンが消えません。

    しかもFlashファイルのアイコンが改竄されSWFのロゴ部分が赤く色が変えられた物が表示されます。
    聖教新聞と言うと創価学会ですよね、間違い無く彼らにハッキングされたので警察に訴える予定です。

    恐らく、創価学会がFlash Playerの脆弱性をついて攻撃して来たものと思われます。こういう場合、他のソフトにも悪影響が及んでしまうんでしょうか?

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card