フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

g2Peer : Gmailのアドレスのみで特定の相手とファイル共有するソフト

スポンサーリンク

g2Peer : Gmailのアドレスのみで特定の相手とファイル共有するソフト
「g2Peer」は、Googleのフリーメールサービス”Gmail“のアカウントを利用して、指定したGmailアドレスを持つ相手とP2Pのようなファイル共有を簡単に行うことができるフリーソフトです。

ネットワークを介して、特定の相手にファイルを送信する場合、数KB~5MB程度であればメールにファイルを添付する程度で対応できますが、音楽ファイル動画ファイル、その他プログラムなどの比較的サイズが大きいファイルの場合は、一般に誰でも利用できるオンラインストレージサービスなどを利用します。

しかし、オンラインストレージサービスを利用するには個別にアカウントを作成したり、ストレージサービス側に一旦ファイルをアップロードしなければいけなかったりと面倒なこともあります。

ShareやLimewireなどの不特定多数のユーザ同士でファイルを共有するのではなく、このように特定の相手とファイルを簡単に送受信したいときに、「g2peer」を活用することができます。

基本的な使い方は、ファイルを送受信したい各PC上に「g2Peer」をインストールし、メインとするGmailアドレスとそのパスワードを「Tools」→「Config」から登録します。
※Gmailの設定で、POPまたはIMAPを有効にしておく必要があります。

続けて、「Tools」→「Share」から、ファイルの共有(ダウンロード)を許可する相手のGmailアドレスと、共有するフォルダを指定します。

「File」→「Chnage Status」にてオンラインにしておきます。

次に、ファイルを受け取るPCでも同様にメインのGmailアドレスを登録しておき、「g2Peer」の”Address”指定用のテキストボックスに共有(ダウンロード)元となるPCにて登録したGmailアドレスを指定し、「Go」ボタンを実行します。

しばらくするとファイルの共有を許可されたフォルダ内のファイル一覧が表示されるので、あとはそのリストからダウンロードを開始します。



このファイル共有ソフトは、既にGmailのフリーメールアドレスを持っていれば、「g2Peer」をPCにインストールするだけで、Gmailアカウントを所有するユーザ同士でP2Pのようなファイル交換ができるわけですが、このときファイルを送った(受信する)相手側のPCには「g2Peer」はなくても、受信側でファイルをダウンロードすることができるのが、このフリーソフトの特徴です。

この場合は、共有元のPCにて「g2Peer」でダウンロードを許可する相手のGmailアドレスと共有するフォルダを登録しておき、後はGmailから件名を “?_list” としてメールを相手のGmailアドレスへ送ると、受信側で共有されたファイルの一覧をGmailで確認することができます。

件名を “?_download” とすると、許可されたGmailアカウント側でメールを受信して、そのメールから直接ファイルのダウンロードが行えるようになります。

主な特徴 -Main Features-

  • Gmailアドレスをキーとしたファイル共有
  • 共有を許可するGmailの登録は2件まで(フリーウェア制限)
  • ダウンロードするPCにはソフトがなくてもGmailの送受信のみでダウンロードも可能
  • ダウンロード先フォルダの指定
  • スタートアップへの登録
  • タイムアウト値の設定
  • 新規メッセージデータのチェック間隔の指定
  • 1MB~15MBまでのサイズ制限指定

動作環境 -Requirements-

  • Windows 2000/XP/Vista

Download

このソフトはいかがでしたか?

0
コメント0件
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card