フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

Mac/Boot Camp環境ユーザーなら入れておきたいCPU, HDD冷却ソフト : Macs Fan Control

スポンサーリンク

mfcmainMacユーザーであれば誰もが知っているであろう、CPUやHDDの冷却ファンの回転数を温度などによって制御し熱暴走を防いでくれるフリーのシステムユーティリティ、「Fan Contorol」。

同ソフトは非常に便利なのですが、私の環境のようにBoot CampのWindowsでも作業をすることが多い場合、これからの時期は特にWindows(Boot Camp下)での高熱によるハードのダメージが非常に気になるところ。

そこでおすすめするのが、MacとBoot Camp用のWindowsにて同一のインターフェースで冷却ファンのコントロールやモニタリングをしてくれる「Macs Fan Control」。

名前がほとんど被っていてややこしいのですが、前者(Fan Control)とは別のソフトです。

もし、私のように 「Macはいいけど Boot Campの熱暴走が心配…」という方がいれば、一度試してみては?

ScreenshotMacs Fan Control

control fans of any Mac & Boot Camp!

インターフェース

こちらはMac版。
capture 2013-06-16 0.47.30

Boot Camp上のWindows版
mfc

左側が制御可能なファン、右側は計測可能な温度センサーのモニタリング状況。

どちらも全く同じUIなのでMac, Windowsで同じ操作感で同じコントロールが行えます。

Macs Fan Controlで制御できるファン

  • 光学式ディスクドライブ(DVDドライブなど)
  • ハードディスク
  • CPU

Macs Fan Controlでモニタリングできる温度項目

S.M.A.R.T.による計測。

  • CPUヒートシンク
  • GPUダイオード
  • GPUヒートシンク
  • HDD
  • SSD
  • 液晶ディスプレイ
  • ノースブリッジ
  • 光学ドライブ
  • メモリー
  • 電源

CPU、HDD、ODDから制御する項目をダブルクリックすると対象のファンについての制御パネルが開きます。
放熱の制御は自動、回転数、温度の3パターンから選べますが、最も利用頻度が高いであろう「センサー値による制御」では冷却ファンが放熱のために回転し始める温度と、最大回転する上限の温度のしきい値を設定しておきます。
mfc-cpufancontrol
CPUの適正稼働温度は、一般的には大体40度〜70度、HDDの適正稼働温度は約30度〜50度の間のようなので、現在のMacのCPU、HDDの温度の平均をとりながら温度のしきい値を決めましょう。

CPUにはCPU、HDDにはHDDの温度のしきい値を設定すると、既に設定温度を越えていた場合はすぐにMacからファンが回転し始める音が聞こえてきます。

制御開始前

mfc-before

温度による冷却ファン制御開始後

mfc-after

環境設定パネルを開いたところ。
mfc-settings-mac
以下はWindows版の環境設定。Mac版にある「ファン回転数」はない模様。
mfc-settings

Macのツールバーに常駐して現在のCPUやHDDの温度と回転数がチェックできます。
capture 2013-06-15 23.05.39

Download

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card