フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

vLite+使い方 : パッチやドライバ組み込みカスタムVistaインストールディスク作成

スポンサーリンク

vLite+使い方 : パッチやドライバ組み込みカスタムVistaインストールディスク作成
「vLite」は、Microsoftが常時配布している更新プログラムやセキュリティパッチなどのHotFixや、通常はオペレーティングシステムインストール後に個別にインストールが必要となるディスプレイドライバやオーディオデバイス関連のドライバなど、その他PCに接続するハードウェアごとに個別で必要なドライバを統合して予め組み込んで、OSの再インストールなどの手間を格段に省略してくれるWindows Vistaのインストール用ディスクを作成することができるフリーソフトです。

vLiteは、Widnows XPのインストールCDを作成することができる「nLite」のWidnows Vista版で、nLite同様の操作感でステップウィザード形式で簡単に更新プログラムやサービスパック適用済みのオペレーティングシステムの統合インストールDVDやISOイメージを作成するこができます。

vLiteはインストール直後は英語メニューですが、”Languages”→”Japanese”にてすぐに日本語化して利用できます。

その他、Windowsの不要なコンポーネントやサービスを事前に省いておくことができ、不必要なコンポーネントのインストールにかかる時間の省略や、UAC(ユーザアカウント制御)機能の無効化等のシステム設定やエクスプローラ設定などもインストール後に毎回変更しなくてもいいように事前にカスタマイズしておくことができるようになっています。

vLiteの使い方は、まず元のWindows VistaインストールDVDをドライブにセットし、vLiteのスタート画面にて「参照」ボタンからDVDドライブを選択するか、ハードディスク上の任意の場所にコピーしたWindows Vistaインストールフォルダを選択します。

vLite インストールディスク作成に関するタスク設定「次へ」を実行し、”タスク”画面に移動してvLiteで作成するインストールディスクの構成に関するセットアップを行います。

”サービスパックの統合”オプションを有効にした場合は、次の”スリップストリーム”画面のみが有効になり、コンポーネントやTweaks(最適化)、無人化設定等のインストールオプションは非アクティブになって無効となります。

サービスパックを予めインストールディスクに組み込んでおくには、スタンドアローン版のサービスパックインストールプログラムをMicrosoft ダウンロードセンターより入手しておきます。
Windows Vista SP1(スタンドアロン版)はこちらからダウンロードできます。

vLite 更新プログラム追加サービスパック適用済みのWindows Vistaインストールディスクを作成しない場合は、次に”統合”オプションにて、通常はOSインストール後にWindows Updateにてダウンロード&インストールを行うことになる更新プログラムやセキュリティパッチといったHotFixを必要なものだけMicrosoft ダウンロードセンターより個別に入手してこの段階で追加対象とすることができます。

Windows Vistaの必要な更新プログラムの確認は、「コントロール パネル→システムとメンテナンス→Windows Update」またはWindows Updateから確認できます。

また、既に適用済みの更新プログラムは、「コントロールパネル→プログラムのアンインストール」から”インストールされた更新プログラム”を選択して確認できます。

vLite ドライバー追加設定次に、Windowsの標準ドライバには組み込まれていない、ディスプレイドライバやサウンドデバイス用のドライバ、Webカメラ、iPodなどOSインストール後に順番に組み込んでいく必要のあるハードウェアごとのドライバを追加し、インストールディスクに組み込む設定を行います。

各種ドライバを用意したりメーカーサイトなどから入手して「追加」ボタンから”*.inf”ファイルを選択して対象として追加していきます。

vLite 互換性オプション「次へ」を実行すると、”互換性”に関するパネルが表示されます。
ここではインストール後に必要となるWindowsの機能の有効/無効設定と個別のアプリケーションの使用の有無に関する設定を行います。

vLite 不要なWindowsコンポーネントの削除次に、標準インストール時には全て組み込まれるWindowsのコンポーネントの中から、不要な機能やサービスについて削除(組み込まない)対象とする項目にチェックを入れて無駄なシステム領域を空け、インストールディスクをスリム化するための設定を行います。

TabletPCやゲーム等など、インストール後に毎回削除していた機能や無効化していたサービスを、ここで予め削除対象とすることができます。

vLite Tweak設定「次へ」を実行し、インストール直後のWindowsのシステム設定や状態を予め設定しておける、”Tweaks”オプションに移ります。

ここで設定できるのは、”セキュリティ”、”システム”、”エクスプローラ”、”Internet Explorer”の4つのカテゴリについて任意に変更しておくことができます。

セキュリティ設定では、UAC(ユーザアカウント制御)機能を初期状態で無効化できたり、システム設定では自動再生機能の無効化など、エクスプローラ設定では隠しファイルやシステムファイルの表示/非表示、拡張子の表示/非表示などの、インストール後に毎度変更が必要な場合が多い項目について設定できます。

vLite 無人化設定「次へ」を実行し、インストール時に入力が必要になるプロダクトキーの事前登録やコンピュータ名、ネットワーク環境の選択、地域、キーボードに関する設定など、ユーザの操作が必要となる項目について事前に登録しておいてインストールの無人化を行うための設定を行います。

vLite再構築オプションここまで一通りのインストールディスクに関する設定が終わったら「適用」ボタンにて再構築オプションを選択します。
再構築方法は、単体、全体、変更の保存のみの3種類から選べます。

通常は、選択したオプションのみの構築が必要なだけなので、”単体再構築”を選択して「OK」ボタンを押しtて、再構築作業を開始します。

更新プログラムを多く含むほど、この処理に時間がかかるので、処理が完了するまでしばらく待ちます。

あとは、ISOイメージに出力したり、出力したISOイメージからWindows VistaインストールDVDを作成したり、DVDに直接書き込めます。

主な特徴 -Main Features-

  • Windows Vistaのカスタムインストールディスク(DVD、ISOイメージ)を作成
  • 更新プログラム、セキュリティパッチの組み込み
  • サービスパック適用済みWindows VistaインストールDVDの作成
  • 各種デバイス用のドライバの組み込み
  • 不要なWindowsコンポーネントやサービスの削除
  • Widnows Vistaの基本設定の有無
    (リアルタイム保護、データ実行防止、ユーザアカウント制御、自動再生、省電力モード、ファイル表示オプション、IE関連など)
  • インストール時のユーザ操作、入力情報の記録
    (プロダクトキー、認証、PC名、ユーザ名、パスワード、ネットワーク環境、地域/キーボード環境など)

動作環境 -Requirements-

  • Windows (XP) /Vista
  • .NET Framework 2.0~

Download
定番動画編集ソフトウェアはこちら

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. スタントアローンじゃなくてスタンアローンじゃない?

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card