フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

Process Explorer : タスクマネージャと置き換え可能な高機能ツリーシステムマネージャ

スポンサーリンク

Process Explorer : タスクマネージャと置き換え可能な高機能ツリーシステムマネージャ
「Process Explorer」は、Windowsのタスクマネージャよりも高機能で、システムリソースやコンピュータの稼働状況に関する豊富な情報の確認と、プロセス優先度や使用CPUの変更、プロセスの終了などのシステムチューニング機能を併せ持つフリーソフトです。

また、「Process Explorer」は標準のタスクマネージャと置き換えることができ、通常「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーで起動できるタスクバーを「Process Explorer」に変更して、わざわざプログラムを呼び出す手間を省くことができるようになっています。

通常のタスクマネージャでは起動中のウインドウとプロセスの一覧のみが確認できるだけで、各プロセスの関連性や依存関係については把握できません。

しかし「Process Explorer」では、各プロセスが階層的なツリー形式で表示されるため、メインプロセスとサブプロセスの依存関係がひと目で確認することができます。

また、サービス、ユーザプロセス、新規オブジェクト、削除プロセスなどを色分けして表示してくれるため、あるプロセスを強制終了する必要がある場合でも、他に影響のあるプロセスやアプリケーションがどのようなものなのかを事前に確認できます。

下段表示を有効にすると、「Process Explorer」のプロセスツリーで選択したプロセスについて、さらにそのプロセスが関連するハンドル(依存するファイルやレジストリなど)、またはDLLを全て確認することができるようになります。

explorerなどの多くの依存関係を持つプロセスでは、非常に多くの関連DLLやハンドルが表示されますが、DLL/ハンドルの検索機能も持っており、プロセスを強制終了できないような場合にも詳細を追いやすくなっています。

ある任意のプロセスに対しては、「プロセス」メニューまたは該当プロセスを選択して右クリック→コンテキストメニューより、プロセス/プロセスツリーの終了、優先度の変更、再起動などの操作を行うことができます。

また、任意のプロセスのプロパティを開くと、そのプロセス(実行ファイル)のみに関するよりパフォーマンスに関する詳細な情報をさらに確認できます。

Process Explorer のシステムの情報パネル「表示」→「システムの情報」パネルを起動すると、標準のタスクマネージャと同様にCPU、メモリ使用率に関するリアルタイムグラフの確認と、I/O(Input/Output)に関するグラフをまとめてチェックでき、「Process Explorer」のプロセスツリーウインドウと併せてシステムの稼働状況をより立体的なイメージで把握できるようになります。

主な特徴 -Main Features-

  • 高機能なシステムリソース・稼働状況の確認
  • プロセスツリーによるプロセスごとの依存関係の確認
  • カラーバーによるプロセス種別の確認
  • プロセスに関するハンドル/DLLの確認と開放
  • プロセス、ハンドル、DLLに関するプロパティ情報
  • ハンドル、DLL検索
  • Windows 標準タスクマネージャとの置き換え
  • CPU、メモリ、I/Oのリアルタイム稼動グラフ
  • プロセスごとの優先度の変更
  • プロセス/プロセスツリーの終了操作
  • プロセスの再起動/一時停止

動作環境 -Requirements-

  • Windows All (64bit OS含む)

Download
「Process Explorer」の日本語化パッチはこちら

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card