フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

PC・スマートフォン・Webでストリーミング再生できるクラウド型メディアプレイヤー : QVIVO

スポンサーリンク


QVIVO」は、PC上のオーディオやビデオをQVIVOのクラウド上で管理し、スタイリッシュなユーザーインターフェースで再生できるマルチメディアプレイヤーです。

「QVIVO」はソフトウェア自体は無料ですが、クラウド上にアップロードしたメディアファイルを、ブラウザやiPhone、Android端末の専用アプリから再生するには、アカウントのアップグレード(月額制)が必要です。

スマートフォン用のQVIVOアプリでは、PC上の「QVIVO」をWifi経由でリモートコントロールすることもできます。

「QVIVO」のクラウドサービスを使ってメディアファイルを管理・再生するイメージ

インストール手順

まず、PC(Mac)にインストールする「QVIVO」のインストールプログラムをサイトからダウンロードします。

利用するOSに合わせて、Windows版、Mac版のいずれかをダウンロードします。

Download
※IEでうまく表示されない場合は、他のブラウザでアクセスしてください。
ダウンロードしたセットアッププログラムを実行します。
セキュリティの警告が表示された場合は、「実行」ボタンをクリックして続行します。
セットアップの準備が行われます。準備が完了するまでしばらく待ちます。
準備完了後、ウィザードが表示されたら「Next」ボタンをクリックしてセットアップを開始します。
「Install」ボタンでインストールを実行します。
「Finish」ボタンをクリックしてセットアッププログラムを終了し、インストールが完了します。

主な機能・使い方

「QVIVO」を使用するためのセットアップウィザードが表示されます。

「Continue」をクリック。
「QVIVO」を利用するには、Facebookのアカウントと連携してログインを行う必要があります。

「Sign in with Facebook」をクリックします。
既存のFacebookアカウントのメールアドレスとパスワードを入力します。

画面から見きれてしまって押しにくいですが、下方の「ログイン」ボタンをクリックします。
Facebookアプリとして「QVIVO」を利用するたの承認画面が表示されます。


必要に応じてタイムラインへの公開範囲を指定します。完全に非公開にするには、「自分のみ」を選びます。
「Facebookでログイン」ボタンで連携を許可します。
「QVIVO」のFacebook上におけるアクセス範囲を指定します。
次に、PC上にあるオーディオファイルやビデオファイルがあるフォルダを指定して、管理対象とするメディアファイルを登録します。

「Choose another folder…」ボタンからメディアファイルがあるフォルダを必要なだけ指定します。

完了後、「Continue」ボタンをクリック。

ファイルの関連付けの有無をファイルタイプごとまたは一括で指定します。
基本設定を行います。

バックグラウンドでQVIVOのクラウドとの同期可否、システム起動時の同期処理の可否、ログオン時の自動起動の有無を指定できます。
「Continue」をクリック。
「Complete」をクリックしてセットアップを完了します。
次に、QVIVOのサイトにアクセスして、ブラウザでの連携設定を行います。
「Get Started」をクリック。
今度はサイト上で「Sign in with Facebook」をクリック。
再び、先ほどソフトウェア側のセットアップで指定したFacebookアカウントでログインします。
無事ログインが完了すると、先ほど「QVIVO」のセットアップでインポートした音楽や動画がブラウザ上で確認できます。
※実際のメディアファイルがアップロードされているわけではありません。

例えば、インポートしたトラックを確認するには、音楽メニューを選択し、ミュージックライブラリを開き、”Browse Entire Music Library” をクリックします。
セットアップ時に読み込んだトラックのタグ情報を元にしたアーティストの一覧が表示されます。
任意のアーティストを選択すると、そのアーティストのトラックリストが表示されます。

ここから、実際にクラウド上にメディアファイルをアップロードすることができます。
「File Transfers」画面を開くと、現在のクラウドへの転送状況が確認できます。
PC上の「QVIVO」プレイヤーを表示するには、タスクトレイアイコンの右クリックメニューから「Open QVIVO Player…」をクリックします。
起動すると、全画面がプレイヤーとしてのインターフェースとなり、「Movie」、「TV」、「Music」、「Play List」、「Search」のメインメニューが表示されます。
例えば、「Music」メニューを選択すると、先ほどのブラウザでの表示のように、管理対象となっているアーティストの一覧がサムネイルで確認できます。
アーティストのサムネイルを選択すると、そのアーティストのトラック一覧が表示されます。

各トラックをクリック、または「Play Now」で再生が始まります。

ビデオファイルが映画として認識された場合は、ビデオ詳細画面ではこのように表示され、予告編を見たり直接ビデオを再生できます。

動作環境 -Requirements-

Download
iPhoneアプリはこちら

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card