フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

Last.fm等からカバーアート・タグ・歌詞を自動取得してくれるメディアプレイヤー : aTunes

スポンサーリンク


aTunes」は、MP3、M4AなどのPCにある音楽ファイルのタグ情報を元に、アーティスト名やアルバム名で自動的にトラックのグルーピングを行い、効率的に曲を探して再生できる多機能で非常に便利な、寄付歓迎のフリーのオーディオプレイヤーです。

ただ再生するだけではなく、アーティストやアルバム単位、または完全なオリジナルのプレイリストの作成、お気に入り機能、オーディオCDからのインポートも備えており、さらには、Last.fmやLyrDB、LyricWikiなどのオンラインサービスからトラックの詳細なタグ情報、カバーアート、歌詞を自動で取得する機能も備えています。

Windows、Mac OS X、各種Linuxに対応しています。

インストール手順

作者サイトより「Free Download」リンクを辿ります。
Download
インストールするOS用のセットアッププログラムをダウンロードします。
Souce Forgeのダウンロードページにジャンプし、自動的にダウンロードが開始されます。
ダウンロードしたセットアッププログラムを起動します。
セキュリティの警告画面が表示された場合は、「実行」ボタンをクリック。
使用言語の確認画面が表示されます。「日本語」のままで「OK」ボタンをクリック。
ライセンス利用許諾が表示されます。

“ライセンス利用許諾に同意します”にチェックをして、「次へ」。

インストールパスを変更する場合は、「参照…」ボタンで変更し、「次へ」。
インストール項目の選択画面が表示されます。
特に変更する必要はないので、そのまま「次へ」をクリック。
しばらくするとインストールが完了します。「次へ」をクリック。
ショートカットの作成先を指定します。
スタートメニュー、デスクトップから必要なものだけを選択し、「次へ」。
「完了」ボタンでセットアップ作業を終了します。

主な機能・使い方

デスクトップまたはスタートメニューに作成したショートカットから、「aTunes」を起動します。

初回起動時は、「aTunes」で管理するオーディオファイルがあるフォルダを指定し、インポートします。
管理対象とするフォルダ(リポジトリー)を選び、「OK」ボタンをクリック。
オーディオファイルの情報の取り込みが開始されます。しばらく待つか、インポート処理を「バックグラウンドで実行」させます。
起動後のメインウインドウ。
「aTunes」のリポジトリの作成が完了すると、左上のリポジトリに元トラックのタグ情報から読み取ったアーティスト名の一覧が表示されます。

そのアーティスト名の配下には、そのアーティストのアルバム名が表示されます(アルバム情報がある場合)。

リポジトリからアーティスト名かアルバムを選択すると、その下に該当するトラックの一覧が表示されます。

1つ以上のトラックを選択して、中央のプレイリストにマウスでドラッグアンドドロップするか、ダブルクリックすると、現在標示中のプレイリストに追加されます。

さらに、プレイリストの中から選択したトラックをダブルクリックするか、上部のプレイヤーコントローラからプレイボタンをクリックするとトラックが再生されます。

再生を開始したトラックは、バックグラウンドでLast.fmなどから、タグ情報、カバーアート、歌詞の検索が行われ、「aTunes」のカレントトラック情報画面に反映されます。
トラックのタグ情報を編集したり、自動取得したタグ情報、カバーアート、歌詞をトラック(ファイル)に埋め込むこともできます。
トラックを選択し、右クリックメニューの「タグ」のサブメニューから、編集、埋め込み(自動設定)を行います。
タグの編集画面。
複数のトラックのタグ情報を一括で更新することも可能。
プレイリストなどから更新したいトラックを複数選択し、同様に右クリックメニューから自動設定を行うと、タグ、歌詞、カバーアートの埋め込みを一括で行ってくれます。
プレイリストはプルダウンメニューから簡単に切り替えることができます。
右クリックメニューから選択中のトラックのアーティストやトラックが属するアルバムだけのプレイリストを作成できます。
アーティストのディスコグラフィやバイオグラフィ、動画などを各サイトを開いて調べることも可能です。
リポジトリー内のアーティスト一覧から、右クリックメニューを開き、「アーティストをWeb検索」を選ぶと、規定のブラウザでアーティストの様々な情報をチェックできます。
インポートしたオーディオファイル以外に、「aTunes」ではネットラジオやポッドキャストを聴くこともできます。
「表示」メニューから対象を切り替えます。
「表示」メニューから「全画面」を選ぶと、デスクトップ全体がプレイヤーモードとなります。

動作環境 -Requirements-

Download

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card