フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

USBdriveSecureTool : USBメモリ内ファイルの暗号化・複合化ソフト

スポンサーリンク

一般のUSBメモリー内のデータを暗号化してセキュリティを確保する「USBdriveSecureTool」
USBdriveSecureTool」は、USBフラッシュメモリー内のファイルを暗号化して万が一の紛失や盗難による個人データの流出を防ぐことができるファイル暗号化・複合化ユーティリティです。

最近では、USBフラッシュメモリの容量も1GB、さらには2GBでも3,000円台で買えるようになり、携帯性に優れ、Windows98やMEなど古いOSでなければ、ドライバが自動インストールされてUSBスロットに差すだけでいつでもデータをやりとりでき、ますます活躍の場が広がってきたUSBフラッシュメモリ。

しかし、活用場面が増す一方で、重要なデータもどんどんUSBフラッシュメモリで持ち歩くようになり、紛失や盗難の危険性も高くなってきています。

そんなとき、この「USBdriveSecureTool」で、USBメモリ内のファイルを丸ごと暗号化して、必要なときだけ複合化して利用することができます。

usb.png使い方は、インストール後、USBフラッシュメモリーをパソコンに接続し、暗号化するリムーバブルドライブのドライブ文字を選択して暗号化するだけです。

初回の暗号化の際に、暗号化・複合化用の単体プログラムも一緒にコピーされるため、別のパソコンでUSBフラッシュメモリのデータを利用する場合でも、別途プログラムをインストールする必要がありません。

※USBメモリのルートは「PROGRAM」と「SECRET」というフォルダのみで、暗号化するファイルは全て「SECRET」フォルダに移動します。「PROGRAM」フォルダは、暗号化・複合化用プログラムが格納されています。

USBメモリを外すときは、再度暗号化してから外します。

主な特徴 -Main Features-

  • セキュリティ機能がないUSBメモリースティックでも簡単な操作でファイルの暗号化、複合化が可能
  • 接続先のパソコンに別途プログラムをインストールする必要がなく、直接複合化、暗号化が可能
    ※暗号化・複合化プログラム(約3MB)ごとUSBフラッシュメモリにコピーされる。
  • サイズの小さいファイル(EX.画像)でも暗号化OK

動作環境 -Requirements-

  • Windows All

※注意!
パスワードを忘れると複合化できなくなるので、十分注意してください!

Download

このソフトはいかがでしたか?

0
コメント1件
URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 使うパソコンにプログラムをインストールする必要が
    ないというところなど。
    USBメモリでの利用に特化されているところが、
    良いと思います。

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card