フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

【まとめ】大事なファイルやフォルダを安全に隠ぺい・暗号化して保護するフリーソフト6選

スポンサーリンク

439029389_8ab978ded6_oプライベート画像から機密性の高い重要なドキュメントまで、人には他人に知られたくないファイルが多かれ少なかれあります。

ましてや、家族でPCを共有している場合は、身内といえどもいつ誰に自分のプライベートなファイルを覗かれるかもわかりません。

私の経験では、残業で疲れ果ててノートPCをうっかり電車内に置き忘れしてしまった、なんて背筋が凍るような失態をしでかしたこともあります(事なきを得ましたが)。

今回はそんなときにも最低限役立つかもしれない、フォルダまたはファイルを安全に保護することができるフリーソフトを集めてみました。

1. Folder Locker (a.k.a. Folder Styler)

folderstylerフォルダを選んでぽちっとするだけのインストール不要なお手軽フォルダロックソフト。
フォルダを隠すのではなく、ドライブやごみ箱フォルダなど9種類から選べるシステムフォルダに変更してアクセス不能にします。

さらにロック解除のためのパスワードを指定できます(パスワードがなくてもロック可能)。

ロックを解除するときは、ロックしたフォルダをUIにドラッグ&ドロップして「Protect Folder!!」ボタンを再度クリックして解除します。
Folder Locker


2. Wise Folder Hider

wise-folder-useアプリ内に複数ユーザーを登録でき、そのユーザー単位でフォルダやUSBドライブを隠ぺいすることができるフリーソフト。

隠されているフォルダを可視状態にする際に入力するパスワードも登録可能。
なかなか使いやすいです。
Wise Folder Hider 紹介記事はこちら


3. My Lockbox

mylockboxかなり強力にフォルダを隠ぺいすることができます。

管理者権限ユーザーや、管理者権限で実行されるプログラムからも完全にアクセス不能にします。

シェル拡張によって、右クリックメニューから直接フォルダをロックできて便利ですが、フリーエディションではロックできるフォルダは1つまでです。
My Lockbox 紹介ページはこちら


4. FileCapsule Deluxe Portable

filecupsuledeluxeportableインストール不要の国産ファイル暗号化ソフト。
暗号化は、ウィザード形式で行い、パスワード指定または公開鍵を使用できます。

また、ファイル、CD、VD、ドライブを暗号化キーとして設定でき、暗号化ファイルの改ざんチェックまで行えます。

Windows Vista, 7, 8対応、さらにタッチパネルにも対応しています。
FileCapsule Deluxe Portable


5. Encrypt Files

encrypterこちらもファイルを隠すというよりも、ファイルを暗号化して保護するというもの。
暗号化後にファイルを隠すこともできます。

オプションからフォルダ単位での暗号化も可能になります。
Encrypt Files 紹介記事はこちら


6. Free Hide Folder

Windows上からフォルダを隠すシンプルなソフト。
ソフトウェアの起動時にパスワードを設定可能。

コマンドラインやリモートからアクセスされた場合は丸見えなので、シンプルですが強力なフォルダ隠ぺいが必要な場合には役に立ちません。
Free Hide Folder 紹介記事はこちら

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card