フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

PowerEnc : ID3タグ対応オーディオ変換(エンコード)& CDリッピングソフト

スポンサーリンク

PowerEnc : ID3タグ対応オーディオ変換(エンコード)& CDリッピングソフト
PowerEnc」は、mp3やwav, m4aなどあらゆるオーディオファイルの相互変換(エンコード)や再変換(再エンコード)と、オーディオCDからmp3やwav, Oggなどへ曲ごとにリッピング&エンコードすることができる、オーディオファイル/ディスク変換用フリーソフトです。

またこのオーディオコンバートソフトはアルバムデータベースからアルバム情報を取得してID3タグとしてリッピング、エンコードされるオーディオファイルのタグ情報とファイル名にセットすることができます。

さらに、各国のAmazonサイトからアルバムジャケットを検索してカバー画像を取得し、オーディオファイルにイメージを組み込むことができます。

著作権があるメディアとデジタルコピー保護されている市販メディアのコピーは違法です。このソフトウェアでは保護されたメディアのコピーはできません。


「PowerEnc」は、インストール不要の単体で稼働するプログラムなので、USBメモリーなどにコピーして持ち運んで使うこともできます。

デフォルト状態でも、各種オーディオファイル用のデコーダーとエンコーダーがセットになっているのでm4aからmp3に変換したり、mp3からwavに変換したりとメジャーなフォーマットであれば別途デコーダーやエンコーダーを入手しなくでも目的のフォーマットへエンコードやリッピングが行えますが、ユーザ独自のデコーダーとエンコーダーの追加設定も可能になっています。

使い方は至って簡単。
左上の「Choose destination folder…」にて変換先の場所を予め参照ボタンから設定しておき、オーディオファイルから別フォーマットに変換したい場合は「File mode」タブ、オーディオCDからリッピングしたい場合は「Disc mode」タブを選択します。

オーディオファイルのエンコード/デコードの場合は、「Add files…」ボタンより変換するwav, mp3, ogg, m4aなどのオーディオファイルを一括で選択し、リストに追加します。

下部の”Save files in…”のプルダウンメニューでは、指定した変換先にエンコードされたファイルを直接作成するか、サブフォルダーを作成してからファイルを出力するか、あるいは変換元のファイルと同じ場所にエンコード出力するかを選択できます。

右下の水色アイコンの”Edit infos”ボタンを実行するとID3タグ情報を編集できるスペースが下部に現れます。

ここで必要に応じてエンコードするファイルに埋め込むID3タグとユーザオリジナルのコメント情報とカバー画像などをセットすることができます。

変換するフォーマットは、「Encoder…」ボタンをクリックすると各種変換フォーマットを選択できるメニューの一覧が表示され、目的のフォーマットを選ぶことができます。

PowerEnc エンコーダー選択wav PCM, mp3, Ogg, AACなどが予め選択できるようになっていますが、例えばmp3に変換したい場合のビットレートやチャンネル数、周波数などのオーディオ品質設定を変更したい場合や、初期状態では存在しない別のフォーマット(エンコード)設定を追加したい場合は、ここで「Settings…」項目を選択します。

すると別ウインドウでエンコーダーセッティング画面が起動するので、各エンコーダーごとでビットレートなどの調整が可能なエンコード品質項目をユーザ自身がカスタムすることができるようになります。

オリジナルのエンコーダー設定を追加するには、”[Encoder]User defined”を選択し、プロフィール名、エンコーダーの場所(Path)、パラメーター、付加する拡張子などの設定をし、「Save profile」で保存します。

CDからリッピングする「Disc mode」の場合は、「Edit infos」ボタンの隣にさらに「Get infos from freedb…」ボタンが出現し、ここからCDのアルバム情報をインターネット上のデータベースから取得して、各トラックのタグ情報として反映させることができます。

PowerEnc アルバムジャケットの自動取得と埋め込み取得したアルバム情報からセットされたID3タグとなる曲名やアーティスト名、アルバム名などの各パラメータはリッピングする前に”Discinfos”タブで個別に編集ができるほか、隣の”Additional infos”タブではリッピングされるオーディオファイルに埋め込む、アルバムカバー(ジャケット)画像を図のように設定できます。

アルバムカバー画像は、別途用意しておいたローカル上にある既存のjpegなどの画像ファイルか、既に取得したアルバムタグ情報を元にし、Amazonのデータベースと照合してインターネット上からカバー画像を自動取得することも可能です。

利用するAmazonは.com(グローバル、US中心), .co.jp(日本)、.co.uk(イギリス)など6サイトから取得できます。

PowerEncは、Unicodeに対応しておらず日本語化ランゲージファイルを作成しても文字化けしてしまうため、残念ながら日本語メニューでは使えません。
とはいえ、英語メニューでも操作や使用に関しては難しくないので全く問題なく機能を把握して使えます。

主な特徴 -Main Features-

  • ローカルディスク内の既存オーディオファイルの各種オーディオフォーマットへのエンコード/再エンコード、デコード
  • オーディオCDからのオーディオファイルへの高速リッピング
  • freedbからのID3タグ情報の取得、セット
  • アルバムジャケット画像の埋め込み(既存イメージファイル指定 or Amazonから検索)
  • 各種エンコード品質設定(ビットレート、周波数、チャンネル、VBR/CVRなど)
  • デコーダー/エンコーダーの追加
  • タグ情報の編集
  • freedb, amazon接続時のプロキシ設定
  • サポートオーディオ変換フォーマット:
    Wave PCM, LAME Mp3, OggVorbis, NeroAAC, Faac, Musepack, Flac, OptimFLOG, Windows ACM

動作環境 -Requirements-

  • Windows All

Download

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card