フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

覚えておくとWindows 8の作業効率が上がるショートカットコマンド一覧

スポンサーリンク

Windows 7に比べて動作は軽くなりましたが、スタートメニューが独立した画面構成となり、各種アプリや電源操作へのアクセスに手間がかかるようになってしまったWindows 8ですが、従来のショートカットキーも含め、覚えておくと便利なWindows 8のショートカットキーとまとめてみました。

(※)印は使用頻度が高くて作業効率がアップするコマンドとしてマークしてあります。

「Windows」
そのままです。Windows 8 のメトロスタートスクリーンを表示する。
「Windows」+「B」(※)
デスクトップ以外のスクリーン(メトロなど)を表示している場合に、デスクトップを表示する。
「Windows」+「C」(※)
Windows 8の「チャームバー」を表示する。
「Windows」+「D」(※)
開いているウインドウをすべて最小化して、デスクトップを表示する。
「Windows」+「E」(※)
エクスプローラを表示する。
「Windows」+「F」
スタートスクリーン(メトロ)の「ファイル」を表示する。
「Windows」+「H」
チャームバーの「共有」を開く。
「Windows」+「I」(※)
チャームバーの「設定」を表示する。
「Windows」+「K」
チャームバーの「デバイス」を表示する。
「Windows」+「L」
ディスプレイをロックする。
「Windows」+「M」
開いているすべてのウインドウを最小化する。
「Windows」+「O」
スクリーンの回転によるロックのオン/オフの切り替え(※タッチパネルモニタなどの回転を検知するモニタの場合に有効)。
「Windows」+「P」
チャームバーに利用可能なスクリーンの切り替え用メニューを表示。
「Windows」+「Q」
スタート画面(メトロ)の「アプリ」を対象に検索モードで表示する。
「Windows」+「R」(※)
「ファイル名を指定して実行」ウインドウを表示する。
「Windows」+「U」
「コンピュータの簡単操作センター」を開く。
「Windows」+「V」/「Windows」+「Shift」+「V」
アプリケーションの通知メッセージを切り替える。
※「Shift」キーは逆送りになる。
「Windows」+「W」
スタート画面(メトロ)の「設定」を対象に検索モードで表示。
「Windows」+「X」(※)
アプリケーションを除いたスタートメニュー用項目一覧(システムコマンド)を直接表示。
「Windows」+「Z」
メトロアプリを起動・使用中に、アップバーやアプリが提供している各種オプションメニューを表示。
「Windows」+「ENTER」
音声ナレーターを起動。
各種機能や操作のナレーションを音声で読み上げます。
「Windows」+「Tab」
アプリケーションの切り替えメニューペインを表示して、起動中のメトロアプリ、デスクトップ、スタート画面を切り替える。
「Windows」+「.」(ドット/ピリオド)
デスクトップとスタート画面を切り替える分割モードで表示する。
※「.」を押すたびに、左右が入れ替わる。
「Alt」+「Tab」(※)
(デスクトップ上で)起動しているアプリを順番に切り替える。
(スタート画面で)「Ctrl」+「Tab」
すべてのアプリケーションを表示。

Windows 8の専用のスタート画面からのログオンを無効にして、従来のようにタスクバーにスタートメニューを表示して、ログイン時にデスクトップ表示にする場合は以下のアプリがおすすめです。
StartW8

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card