フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

Dropboxの共有フォルダがエラーで移動できないときの変更方法

スポンサーリンク

「Dropbox」のクラウドストレージ上の共有フォルダに、あらゆるデータやアプリケーションで使用するファイルを保存しておき、複数台のPC間で常にデータを同期して利用して、ローカル上のDropbox用のフォルダのパスがPC間で異なってしまっている場合、ソフトウェア側で保存(認識)しているパスの設定値が各PCで異なるため、一方のPCでは起動できなかったりファイルやデータを読み込めずに初期状態で起動してしまうことがあります。

このような場合、全てのPC間で全く同じパス環境とするために「Dropbox」の共有フォルダの場所の移動や共有フォルダ名を変更する必要があります。

「Dropbox」には共有フォルダを変更する機能があるため、通常はタスクバーのDropboxのアイコンを右クリックし、「設定」を選択して”Dropbox設定”画面の起動後、「高度な設定」メニューの “ファイルの保存場所” の「移動」ボタンで変更できます。
しかし、同期もしておらず、考えうる関連プログラムも終了しているにも関わらず、様々なプログラムやプロセスがDropboxの共有フォルダのデータにアクセスしている状態となっていて、共有フォルダをこの設定画面から変更しようとすると、以下のエラーが発生します。

Dropbox フォルダは他のプログラムから使用中のため移動できませんでした。Dropbox フォルダを使用する可能性のあるすべてのプログラムを終了してから、もう一度試してください。

しかし、どのプログラムやプロセスが共有フォルダ内のファイルにアクセス中であるのかが特定できない場合があります。

毎回このエラーで移動できない場合は、少々強引ですが以下の手順にて共有フォルダを移動または変更することができます。
※ただし、公式の手順でも何でもないので、実施はあくまで自己責任でお願いします。

Dropboxの新規登録はこちら

Dropboxの共有フォルダを手動で移動する方法(Windows)

  1. Dropboxの同期が実行されておらず、最新の状態となっていることを確認する。
  2. 再起動し、セーフモードでWindowsを起動する。

    起動直後のBIOSの画面が消えたあと、「F8」キーを3、4回押す、または押し続けます。
  3. セーフモードでログイン後、Dropboxの共有フォルダを目的の場所に移動します。
  4. 再起動し、通常モードで起動します。
  5. ログイン後、Dropboxが自動起動すると、従来の共有フォルダが見つからないため、以下のメッセージが表示されます。

    「再リンク」ボタンをクリックして再度共有フォルダを設定し直します。
  6. Dropboxとのリンクを解除する確認メッセージが表示されます。

    「OK」ボタンをクリックして再リンクの手順を開始します。
  7. “すでに Dropbox アカウントを持っています” にチェックをして、「次へ」。
  8. 既存のDropboxアカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、「次へ」。
  9. “フルセットアップを継続” にチェックをして「次へ」。
  10. 無料ユーザーなら “2GB(無料)” にチェックをして「次へ」。
  11. 保存場所は移動したので、”高度な設定” にチェックをして「次へ」。
  12. “Dropboxの保存場所を自分で選択” にチェックをして、「変更ボタン」で先ほどセーフモードで移動したフォルダを選択し、「次へ」。
  13. 既にDropboxという名前のフォルダが存在しているため、ローカルとストレージ上のファイルをマージするメッセージが表示されます。

    「OK」ボタンをクリックします。
  14. “このコンピュータでは Dropbox 内のすべてのフォルダを同期” にチェックをして「インストール」。
  15. 使い方のウィザードは不要なので、「ビデオをスキップ」。
  16. インストールが完了します。
  17. Dropboxがタスクバーに常駐し、ストレージ上のデータと移動したローカルの共有フォルダとの差分比較処理が始まります。

    移動したフォルダには既に最新の共有ファイルがあるので、Dropboxのストレージ上からの余分なダウンロードは行われず、ファイルのインデックス処理だけが実行されます。

    同期が完了するまで待てば完了です。

Dropboxの新規登録はこちら

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card