フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

Fomula-1の各レース情報を周回ごとにライブで解析、チェックできるソフト : F1LT

スポンサーリンク

f1tl-use9
F1LT」は、Fomula-1(以下F-1)の過去のレース状況を、ラップタイム比較、周回数、ファステストラップ、ピットストップ、最高速度、天候変化、などあらゆる複合データをチェックしながらレース全体の進行状況を詳細に把握することができるソフトウェア。

ファンにはかなり熱いソフトですが、そうでない人には全く無意味な代物。

本戦だけでなく、レースによっては予選のデータを読み込んで特定のドライバーを中心に全ラップタイムをチェックすることなどもできます。

このアプリケーションを利用するには、formula1.com の無料アカウントが必要です。
アカウント取得後、アプリケーションにてログインすると予選や各レースのライブ解析ができるようになります。

Windows、Mac(gitによるインストール)、Linux、Androidごとでアプリが提供されています。

インストール手順 -How to install-

作者サイトから本体プログラムをダウンロードします。
画面はWindowsの場合のダウンロードリンク。f1tl-dlDownload

ダウンロードしたアーカイブファイルを解凍します。f1tl-unextract

解凍して出力されたフォルダ内の「F1LT.exe」を起動すると、本体が立ち上がります。f1tl-run

主な機能・使い方 -Main Features-

「F1LT」を使用するには、”formula1.com” のアカウントが必要なので、まずはアカウントを作成します。
まずは以下のフォームにアクセスしてアカウントを登録します。
アカウント作成フォーム

適当な氏名、性別、生年月日、国籍、メールアドレス、パスワードを入力し、”I have read and agree to the Terms & Conditions of Formula1.com“にチェックをして、「REGISTER」をクリック。f1tl-reg1

指定したメールアドレス宛てに、以下のような確認メールが送信されるので、記載のURLにアクセスしてアカウントの確認を行います。f1tl-reg2

以下の”EMAIL ADDRESS CONFIRMED“画面が表示されたらアカウントの登録は完了です。f1tl-reg3

F1LTを起動し、メニューバーの「File」→「Login」を選択。f1tl-use1

先ほど作成した”formula1.com”のアカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、「OK」。f1tl-use2

ログイン直後の画面。
ここでは、最後に開催されたレースの結果が表示されています。f1tl-use3

過去のレースデータをオンライン上から読み込むには、「File」→「LT file database」を選択。f1tl-use4

ここでは2012年のデータがデータベース上にあるので、左の矢印をクリックして年間のレースデータ一覧を表示し、ライブでデータを見たいレース、または予選のデータを選び、「Play」。f1tl-use5アプリ本体からのレースデータがダウンロードできない場合はこちらから直接ダウンロード

読み込みが完了すると、レース当日のスターティンググリッド、気温、気候などがまず確認できます。f1tl-use6

上部にあるプレイボタンをクリックすると、実際のレースを完全に再現したデータ上のライブが始まります。f1tl-use7

上部の「Driver tracker」ボタンをクリックすると、レース全体の進行状況、順位、タイムギャップを把握できます。f1tl-use8f1tl-use9

「Follow a driver」ボタンをクリックすると、選択したドライバーについての現時点より5周以降のラップタイム、ベストラップ、先頭からのタイム差をチェックできます。f1tl-use10

「Head to head」ボタンをクリックすると、指定した2ドライバー間のラップごとのタイムとギャップ比較を確認できます。f1tl-use11

以下はギャップチャートにてレース全体を通してのタイム差を折れ線グラフで図示したとき。f1tl-use12

「Lap time comparison」では、最大4ドライバーまでのラップタイム比較が行えます。f1tl-use13

「Session analysis」では、全ドライバーもしくは上位10名のドライバーのラップタイム比較を図示できます。f1tl-use16

以下は「Session analysis」での順位変動。f1tl-use14

以下は「Session analysis」での先頭ドライバーとのタイム差の推移。f1tl-use15

動作環境 -System Requirements-

  • Windows
  • Linux
  • Android
  • Symbian OS

Download

このソフトはいかがでしたか?

0
コメント0件
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card