フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

【MS Office不要】Win, Mac, Linuxで使える定番オフィススイート : LibreOffice

スポンサーリンク

libreofficeドキュメント作成、プレゼン(スライド)資料、表計算といえばMicrosoftの「Office」が定番ですが、もちろんフリーウェアではないので最低でも25,000円ほどで購入しなければなりません。

そんなときは動作が快適でMS Officeで作成したドキュメントとも互換性があり、既に多くのユーザーが利用してブラッシュアップされているオープンソースのオフィススイート「LibreOffice」がおすすめ。

Windows、Mac、Linuxのクロスプラットフォームに対応しているので、異なるOS間でも安心して各種ドキュメントを編集できるのもうれしいところ。

むしろ慣れてしまえば、オープンソースであるが故に有志の方たちに常にアップデートされる「LibreOffice」の方があなたのドキュメント作成作業を快適にしてくれるかも??

ScreenshotLibreOffice

Windows、Macintosh、Linux を始めとする多くのプラットフォームで動作するオープンソースのオフィススイート

ドキュメントイメージ

一般的な収支表。月ごとにタブが分かれていて、年間での収支総括を自動計算してチェックできます。
capture 2013-07-05 10.00.56

データ入力によるレポート表示。ピボットテーブルももちろん扱えます。
capture 2013-07-05 10.11.19
グラフの挿入もMS Officeのように簡単に作成できます。
capture 2013-07-05 9.50.24

文書ドキュメントで作成された領収書。オンラインのビジネスだとメールで送る場合もあるので私もPDFに変換してお客様に送付したり、地味に使ってます。
capture 2013-07-05 10.07.35

請求書のサンプル。こちらもオンラインだったり海外との取り引きが発生した場合に同じくPDFにして請求書を送付するときにテンプレとしてもっておくと便利ですね。
capture 2013-07-05 10.06.04

文書ドキュメントで作成された名刺のテンプレート。
capture 2013-07-05 10.10.10

サービスや製品の1枚ペラ拡販資料。それっぽいです。
capture 2013-07-05 10.06.51

プレゼンテーションドキュメントで作成されたスライドアルバム。
capture 2013-07-05 10.03.02

表計算ドキュメントによる出欠表。
capture 2013-07-05 10.04.02

結婚式の座席表。
capture 2013-07-05 10.02.05

上記でキャプチャした内容はすべてMicrosoft Officeの公式テンプレートを利用しています。

MS Officeのテンプレートをそのまま利用

MS Officeを買わなくてもLibre OfficeのようなオープンソースのオフィススイートでMS OfficeのWord, Excel, PowerPointといったドキュメントの公式テンプレートをあやかることができます。

ただし、EXCELの関数やWordなどのでのオブジェクトレイアウトすべてがMS Officeと同じようになるとは限らないので、ドキュメントによっては多少の修正が必要になるものもありますが、ほぼそのままテンプレートが活用できるのは、資料作成の際や事務担当の人にはなかなかありがたいのではないでしょうか?

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. インストーラーが悪質だから気をつけて。
    余計なソフトを幾つか放り込んできます。

  2. LibreOfficeを使ってます。しかも、Linuxですので他のソフトが入ってきません。と、言うよりインストラーが無いので難儀します。私の様にLibreOfficeを使うには力量が必要かも。現在、Web上のワープロ、表計算に挑んでます。

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card