フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

RichFLV : FLASH ビデオ(FLV)ファイルを直接カット/mp3,swf,画像変換

スポンサーリンク

RichFLV : FLASH ビデオ(FLV)ファイルを直接カット/mp3,swf,画像変換
「RichFLV」は、フラッシュビデオフォーマット(*.flv)ファイルを、aviやmpegなどの一般的な動画フォーマットに変換しなくてもFLVのまま直接トリミング(切り出し)編集を行うことができるFLASHムービー加工用フリーソフトです。

aviやmpegの動画フォーマットよりも軽量で動画配信サイトでもよく利用されるようになり、身近に扱う機会も多くなってきたFLASH Video(*.flv)。

aviやmpegのカット編集ソフトは当サイトでもいくつか紹介している通り、フリーでもよくありますが、「RichFLV」はFLVフォーマットのままダイレクトにムービーのトリミング加工ができる数少ないフリーソフトです。

「RichFLV」は、FLVファイルのカット/トリミングだけでなく、読み込んだFLASHビデオの音声部分のみを新たにFLVファイルまたはmp3オーディオファイルとして出力できるほか、FLVからShockwave Flash(*.swf)ファイルとして指定範囲のムービーを出力することができます。

また、「RichFLV」のシークバーポイントでのJPEG、PNGイメージ出力も可能です。

FLVファイルとの合成機能(Import)では、新たなmp3ファイルを予め読み込んでおいたFLVファイルと結合することができます。

この「RichFLV」は、Adobe AIR ランタイムプログラム(ダウンロードはページ下部より)が前提として必要なアプリケーションで、「RichFLV」自体は専用形式の”.air”という拡張子がつくタイプのフォーマットで配布されています。

そのままでは実行/インストールできないので、事前にAdobe AIR ランタイムプログラムをシステムに組み込んでおく必要があります。
※AIRランタイム BETA 2は、「RichFLV」 Ver.6時点ではインストールできないため、BETA 1を使用。

Adobe AIR ランタイムインストール後、”.air”ファイルが認識されるようになり、ダウンロードした「RichFLV」をインストールできるようになります。

「File」→「Open」より編集・変換したいFLVファイルを読み込み、FLASHビデオを編集可能な状態にします。

FLASH Video(*.FLV)のトリミング編集

richflv-triming.png
FLVムービーのカット/トリミングを行う場合は、画面下の赤い半透明のバーの両端をマウスでドラッグしながらキーフレーム単位で調整することができます。

ただし、FLVムービーファイル自体のキーフレームリスト情報が均一な並びでなかったり、「RichFLV」で読み取ることができない場合は、正確なトリミング編集が出来ません。

この場合は、仕方ないので別途aviやmpegなどの一般的なムービーに変換してから対応する動画加工ツールで編集する必要があります。

同様にFLVを直接編集できるフリーソフトとして、mpeg動画のトリミング、連結ツールの定番「movica」が対応しています。

主な特徴 -Main Features-

  • FLVファイルから直接ムービーのカット、切り出し編集
  • FLVから音声部分のみをmp3, FLVファイルとして出力
  • トリミングしたFLVファイルを、新たなFLV, SWFファイルとして出力
  • 任意のムービーポイントでのイメージ出力(JPEG, PNG)
    ※「Options」メニューからJPEG品質設定可能
  • キューポイントの追加、削除
  • キューポイント情報のFLV Core Cue ポイントフォーマット(XML)出力

動作環境 -Requirements-

Download

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card