フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

Subtitle Processor : 動画に字幕を追加し字幕ファイルを作成する動画編集フリーソフト

スポンサーリンク

Subtitle Processor : 動画に字幕を追加し字幕ファイルを作成する動画編集ソフト
「Subtitle Processor」は、avi, mpegなどの動画ファイルを読み込んで字幕を作成して、各種フォーマットの字幕ファイルに出力したり、1つのMKV(Matroska)動画ファイルに変換することができる、動画編集用フリーソフトです。

「Subtitle Processor」はフレーム単位またはタイム単位で字幕表示、終了ポイントを設定して動画の再生に合わせて字幕を表示させることができ、読み込んだ動画を再生しながら字幕表示をプレビューできるため、字幕作成作業において、ビジュアル性に優れた状態で動画編集を行えます。

「Subtitle Processor」のGUIは、大きく「字幕編集」、「再生(プレビュー)」、「翻訳」、「プログラム設定」に分かれており、avi, mpeg(mpg), asf, wmvなどのムービーファイルやDVDビデオ、IFOファイルを読み込んでから、主に「字幕編集」と「再生(プレビュー)」画面を切り替えながら字幕編集・作成作業をします。

字幕の追加は、「字幕編集」画面の真ん中あたりの字幕追加(+)ボタンで追加し、動画に合わせて字幕テキストを入力します。
字幕テキストは複数行にて作成可能で、字幕テキストの入力欄のすぐ上には動画上での字幕表示開始ポイントと終了ポイントを、タイムまたはフレーム数で指定できるようになっています。

タイムやフレーム数の指定以外に、動画を再生しながら字幕表示/終了ポイントをボタンクリックで簡単にセットできるようになっています。

編集し終わったら、各種フォーマットに合わせて字幕ファイルを作成したり、MKVフォーマットで動画を変換出力(要Matroska Muxerフィルター)することができます。

Mastroska(MKV)ムービーファイルの再生や字幕ファイルの読み込みは、KMPlayerMediaPlayer Classicなどが対応しています。

「Subtitle Processor」だけでも字幕と動画をまとめてMKVフォーマットの動画に出力できますが、どうしてもできない場合は「MKVToolnix」というツールで、字幕ファイルと元の動画ファイルを1つのmkvフォーマットの動画(コンテナ)として合成することができます。

MKVからAviやMpeg(MPG)への動画フォーマットの変換は、「VirtualDub」や「VirtualDubMod」にて行えます。

主な特徴 -Main Features-

  • 動画にフレーム単位、またはタイム分割での字幕作成・編集
  • 動画を再生しながら字幕の追加、プレビュー
  • 第1、第2字幕の追加・編集
  • 追加・編集した字幕の分割、結合
  • 追加・編集した字幕の部分的移動、スケール変更
  • 字幕のトランジション(字幕色、フェード効果、マーキーなどの字幕表示効果)
  • 字幕テキストチェック(GNU ASpell によるスペルチェック, OCRエラー修正)
  • 字幕ファイルの出力(txt, sub, srt, ssa, ass, sp, dks, scr, mpl, pjs, psb)
  • MKVフォーマット動画(Matrosta)ファイルへの変換(要フィルター)
  • プレイリスト(m3u, pls)の作成
  • フレームレート設定
  • スクリプトログ機能
  • DVDビデオ、IFOファイルからの直接読み込み
  • ショートカットキー対応(変更も可能)
  • サポートメディアフォーマット:
    avi,mpeg,mpg,mp3,wav,ac3,ogg,asf,wmv,ogm,mkv,mks,mka

動作環境 -Requirements-

  • Windows

Download

このソフトはいかがでしたか?

0
コメント1件
URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 字幕入りカラオケを作りたくて勉強しているうちにソフトが必要になったので
    よろしくお願いいたします。

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card