フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

プレビューで確認しながら動画の不要部分をカットできるビデオスプリッター : VidSplitter

スポンサーリンク


VidSplitter」は、avi, mp4などの動画ファイルを指定した再生範囲のみにカットして変換出力ができるフリーのシンプルなビデオスプリッターです。

シークバーで再生開始位置と終了位置をセットし、プレビュー画面で確認しながら作業が行えます。

出力する動画のビデオコーデックとオーディオコーデックの選択が可能で、出力サイズなどの変換設定も可能です。

読み込み可能なビデオフォーマットは、avi, mpg(mpeg), mp4, asf, mov, wmvです。

インストール手順

作者サイトからセットアッププログラムをダウンロード。
Download
ダウンロードした実行プログラムを起動します。
Windowsのセキュリティ警告画面が表示された場合は、そのまま「実行」をクリック。
セットアップウィザードが起動します。「Next」をクリック。
“I accept the agreement” にチェックをして、「Next」をクリック。
インストールフォルダを変更する場合は、「Browse」ボタンからインストール先を指定し、「Next」。
そのまま「Next」をクリック。
デスクトップにショートカットを作成する場合は、”Create a desctop icon”にチェックがされているのを確認し、「Next」。
「Install」ボタンでインストールを開始。
インストール完了後にプログラムを起動するので、”Launch VidSplitter”にチェックをして、「Finish」でセットアップを閉じます。

主な機能・使い方

起動直後の画面。至ってシンプルです。

左上にはカットする動画と出力先のフォルダを指定するメニューが、左下は出力ファイルサイズの上限とビデオ/オーディオ変換設定ボタンがあります。

右側はプレビュー画面と再生範囲の指定を行うシークバーがあります。

まず、カットする動画ファイルを読み込むには、メニューの一番左のボタンか “Input file”の「…」(参照)ボタンから対象ファイルを指定します。

その直下は、出力先フォルダです。

次に、出力する動画のファイルサイズの上限を決めます。

上から、フラッシュドライブ用、CD用、DVD用、カスタムサイズ(サイズ指定)と並んでいます。

変換に使用するビデオコーデックは「Video Settings」ボタンをクリックして画面を開いて設定します。

コーデックは、マシンにインストールされているコーデックの一覧から選べます。

その他、表示サイズの指定と、それを変更した際のアスペクト比保持の有無も指定できます。

「Audio settings」ボタンをクリックすると、動画の音声に関する設定画面が表示されます。

オーディオコーデックとそれぞれの品質設定、また動画から音声をカットする場合は、”Disable Audio”をチェックします。

右側のプレビューにて、シークバーで再生開始位置と終了位置を指定します。
「Play」、「Stop」ボタンで変換後のプレビューができます。

最後に、「Start」ボタンをクリックして動画のカットと変換処理を開始します。

動作環境 -Requirements-

  • Windows XP以降

Download

このソフトはいかがでしたか?

0
コメント0件
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card