フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

あらゆる場所の動画・音楽・画像を管理し、ネットラジオ・TV視聴もできる全画面マルチメディアプレイヤー : XBMC

スポンサーリンク


XBMC」は、ローカルドライブをはじめ、ネットワークドライブ、UPnPデバイスなどあらゆる場所に分散している音楽、動画、画像を1つのアプリケーション内で統合的に管理し、各メディアファイルの再生を美しくかつスムーズに行えるオープンソースのマルチメディアプレイヤーです。

「XBMC」はWindows、Mac、Linux、Apple TVなどあらゆるシステムに対応していますが、すべての操作は独自の全画面ユーザーインターフェースで行うため、「XBMC」を立ち上げている最中は、まったく異なるOSで操作しているような感覚を味わえます。

また、音楽、動画、画像などそれぞれにアドオンによってネットラジオやポッドキャスト、ネットTV、ギャラリーサイトと連携してストリーミング放送を楽しむことも可能です。

インストール手順

ダウンロードページから、インストールする対象のOSに合ったセットアッププログラムをダウンロードします。
Download
ダウンロードしたプログラムを実行します。
セキュリティの警告メッセージが表示されたら、そのまま「実行」ボタンをクリック。
セットアップウィザードが起動したら、「Next」をクリック。
ソフトウェア使用許諾画面が表示されたら「I Agree」ボタンをクリック。
追加言語を日本語のみにする場合は、”Language”から”Japanese”のみにチェックをして、「Next」をクリック。
インストール先を変更する場合は、「Browse」ボタンで変更後、「Next」。
「Install」ボタンでインストールを開始。
“Run XBMC” にチェックをして、「Finish」ボタンでセットアップを完了します。

主な機能・使い方

起動すると、全画面で「XBMC」のインターフェースが表示されます。
初回起動時は日本語化されていないため、まずは日本語表示に変更します。
「SYSTEM」の「Settings」を選択します。
「Appearance」を選択します。
「Skin」を選択し、そのサブメニューから「Fonts」を選びます。
“Skin default” から、”Arial based” にフォントを変更します。
※フォントから変更しないと文字化けします。
次に、「International」を選び、「Language」の値を “English” から “Japanese” に変更します。
しばらくすると各表示テキストが日本語に変わります。
※すべての表記が日本語に置き換わるわけではありません(翻訳しきれていない箇所がある)。
まずは、ビデオを再生してみます。
メインウインドウから「ビデオ」→「ファイル」を選択します。
既存の動画ファイルを追加する場合は、「Add Videos…」を選択。
「参照」ボタンでディスク一覧画面を表示します。
動画ファイルがある目的のフォルダまで辿り、「OK」をクリック。
一覧に「XBMC」で管理対象となった追加したフォルダが表示されます。
追加したフォルダは記憶され、階層を掘り下げていくことで動画ファイルの一覧が表示されます。
また、DVDやブルーレイなどのムービーディスクが挿入されたときは、図のようにライブラリに自動的に表示されます。
動画タイトルを選択すると、そのまま全画面で再生が始まります。
動画再生中、インフォーメーション領域が表示されている間は、右下に動画に関する様々な操作を行うためのアイコンが表示されています。
ビデオ設定を選択した場合は、再生中のビデオのインターレース除去、表示モード、アスペクト比、明るさ、コントラストなど映像に関する制御が行えます。
オーディオ設定を選択した場合は、音量、音声言語、オフセット(動画と音声のずれを調整)、チャンネル数、字幕の有無と表示言語など、音声と字幕に関する制御が行えます。
ブックマーク設定では、現在再生しているポイントを記憶し、キュー管理を行えます。
キューポイントからいつでも再生を再開できます。
動画ファイルではなく、DVDやブルーレイなどのムービーディスクを再生したい場合は、そのディスクを右クリックして「再生」を選択します。
次に、ビデオのアドオンを追加してみます。メインウインドウの「ビデオ」から「アドオン」サブメニューを選択します。
「Get More…」を選択。
アドオンとして登録されている、インターネットTVチャンネルの一覧が表示されます。
追加したいチャンネルを選択すると、そのアドオン(チャンネル)の詳細情報画面が表示されます。
「Install」をクリックしてアドオンを追加(インストール)します。
ライブラリに戻ると、追加したチャンネル(アドオン)の一覧が確認できます。
チャンネルを選択し、さらにそれぞれのチャンネルが持つメニューから閲覧したいビデオを選ぶと、ストリーミング再生が開始されます。
既存の音楽を聴く場合は、ホーム画面に戻り、「ミュージック」から「ファイル」サブメニューを選びます。
操作は先に説明した「ビデオ」と同じ要領でライブラリに音楽を追加し、再生できます。
ミュージックの場合、ビジュアライザが画面いっぱいに表示されます

また、ミュージックのプレイリストのソートやタイトル名などによるフィルタ表示も可能です。
「ピクチャー」の場合、フィルタに加えライブラリに表示されているイメージのスライドショーを表示できます。
ミュージックからあらかじめBGM用の音楽を流しておくこともできます。
各メディアの右クリックメニューから「お気に入り」に追加したメディアファイルやフォルダ、チャンネルは、ホーム画面の左下にあるアイコンをクリックすることで、お気に入りのリストが右側に表示され、ここからショートカットして再生できます。

その他、「プログラム」メニューでは、Facebookとの連携や、Webビューア、RSSティッカー、TVガイド、ダウンローダーなど様々なエンターテインメントアプリを追加することができます。

動作環境 -Requirements-

  • Windows
  • Mac OS X
  • Linux
  • Apple TV / Apple TV2
  • iOS(※要脱獄 Cydia経由のみ)
  • XBMCbuntu

Download

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card