フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

iCloud : iPhone/iPad, Mac, Windows間で写真、アドレス、予定などを同期管理

スポンサーリンク

iCloud
iCloud」は、iPhone, iPad, Mac間での写真、音楽、アプリの同期の他、Windowsも含めて連絡先、カレンダーなどもオンライン上で集約管理して各端末で同期利用できる、アップル社が提供する独自のクラウドサービスです。

iPhoneを中心としたアップル製のポータブルデバイスの普及に伴い、WindowsとMacのハイブリッドユーザーが増え、個人で所有するデバイスが複数に分散してきた結果、各デバイスでのあらゆるデータの同期がとても面倒になるケースが多くなっています。

そのような環境にあるユーザーにとって、iCloudは各デバイス間でのデータ連携と同期をシームレスに実現してくれる、強力なサービスです。

なお、MacでiCloudの全ての機能を利用するには、OSが Mac OS X Lionである必要があります。

iCloudのオンラインストレージは5GBまでは無料で利用できます。
有料オプションの追加ストレージは、10GBで1,700円/年、20GBで3,400円、50GBで8,500円となっています。

ストレージ対象範囲

5GBというと、無料範囲のストレージ容量がすぐに上限に達してしまいそうですが、iCloudのストレージには、iTunesで購入した音楽、フォトストリームの写真、アプリケーション、電子書籍は含まないため、無料のストレージ範囲でも十分な余裕があります。

これは、iTunesストアで購入したデータについては、各デバイスがオンラインになったときに自動で同ストアからiCloudの仕組みを介してダウンロードされるため、無駄にストレージ容量を圧迫しません。

iCloudの開始

iCloud WebログインiCloudサービスを利用するには、既存のApple IDを使用してiCloudにアクセスし、設定を行うか、無料のApple IDを新規に作成してiCloudの利用を開始します。

また、iCloudサービスの利用を開始すると、「me.com」ドメインのメールアドレスを作成することになります。

Webで同期できるiCloudでのメールは、この “ユーザー名@me.com” が対象となります。

iCloudの一部の対象データはウェブ(ブラウザ)からもログインしてアクセスすることができます。

iCloudの設定方法

iCloudの具体的な設定方法は、アップルの以下のページを参考にするとスムーズに行えます。

ブラウザからiCloudにアクセス

iCloud Webメニューwww.icloud.comにアクセスして、既存のAppleアカウントのメールアドレスとパスワードを入力すると、同期対象となるメール、連絡先、カレンダー、iCloudに対応したiPhone, iPad, iPod touch用のドキュメント作成アプリのデータにアクセスできます。
※ログイン時のIDとなるメールアドレスは、iCloudを開始したと同時に作成した @me.com のアドレスを指定してもログイン可能です。

また、同期対象のデータにアクセスできるだけではなく、コンタクトリストから宛先を指定して@me.comのメールとしてメールの送受信を行ったり、コンタクトリストから任意の連絡先の編集、カレンダーへの予定の登録も行えます。

もちろん、ここで編集した連絡先やカレンダーの予定はiCloudで同期対象としているiPhone、Mac、Windowsのアドレス帳とカレンダーにもシームレスに更新されます。

iCloud iPhoneを探すさらに、”iPhoneを探す” 項目では、万が一iPhoneを紛失した際に、そのデバイスがどこにあるのかを地図上から瞬時に見つけ出し、そのデバイスに対してリモートからメッセージを送信したり、リモートロックやデータの全消去を遠隔から実行指示することができます。

※事前にiPhone/iPadのiCloudの設定にて「iPhoneを探す」項目をオンにしておく必要があります。

アプリ、写真、音楽の同期

購入したアプリや音楽は、従来はメインで同期管理しているPCにUSBコネクター経由でiTunesと同期する必要がありましたが、iCloudをセットアップしておくことで、iTunesストアやAppストアで購入した音楽やアプリは、iTunesと同期せずともWi-Fi環境にて自動的に転送されるようになります。

これにより、手動でわざわざiPhoneと同期処理を実行しなければいけなかった手間がなくなり、ユーザーはより一層デバイス間での同期を意識しなくてもよくなります。

写真データについては、フォトストリームという仕組みを有効にすることで、iPhone等で撮影した画像データを、iCloud対応デバイス上の対象とする画像フォルダにWi-Fi(またはEthernet)経由で直接プッシュ送信して同期が行われます。

iPhoneのバックアップデータをiCloudに移行

これまで、iPhoneやiPad, iPodのバックアップデータは、USBコネクターでPCとこれらのデバイスを接続し、iTunesによってPCのハードディスク上に世代管理して保存されていましたが、これをiPhoneなどのデバイスからiCloudへのストレージへバックアップデータを直接転送することができるようになりました。

バックアップデータを従来通りPCに保存して管理するか、iCloudにアップロードするかはiPhoneやiPadのiCloudの設定メニューから選択できますが、iCloudへ移行することで、バックアップデータを保管しているPCの障害などによるバックアップデータの紛失を防ぐことができます。

もちろん、iPhoneの初期化が必要になった際は、iCloudからバックアップデータを使って直前の使用状況に復元することができます。

ただし、iTunesストアにて購入していない音楽は著作権の関係上、このリカバリー処理では復元できないため、再度iTunesのプレイリストと従来通りの同期を行う必要があります。

Mac OS X Snow LeopardのままiCloudで同期

MacでiCloudを利用するには、本来OS X Lionである必要があります。

しかし、メール(@me.com)、カレンダーについてはSnow Leopardでもシームレスに同期することができます。

メールの設定

iCloudの利用を開始した際に取得できる @me.com ドメインのメールアドレスはIMAP方式のため、OS X Lionであるか否かに関わらずIMAPメールアカウントの設定さえ行えば、どこからでもアクセスできます。

以下、MacのMail.appを例に設定項目を示します。

・アカウントの種類:IMAP
・受信用メールサーバ:imap.mail.me.com
・ユーザー名:iCloudで作成したユーザー名(@me.comの手前)
・パスワード:iCloud(Apple ID)のログインパスワード

・送信用メールサーバ:smtp.me.com
・認証を使用:チェック
・ユーザー名:iCloudで作成したユーザー名(@me.comの手前)
・パスワード:iCloud(Apple ID)のログインパスワード

カレンダー(iCal)の同期

OS X Snow LeopardのiCalより新しいアカウントを追加します。

・アカウントの種類:CalDAV
・ユーザ名:iCloudで作成された@me.comのアドレス
・パスワード:@me.comのパスワード
・サーバアドレス:p0*-caldav.icloud.com (*:1~9のいずれかの数字)

WindowsでのiCloud連携

先述の「iCloudの開始」の通り、Windows PCでもiCloudと連携してiPhoneやMacのカレンダー、連作先、ブックマーク、フォトストリームの画像を同期することができます。

Windows用のiCloudアプリケーションをインストールすると、タスクトレイにiCloudのアイコンが表示されます。
各種設定を行うには、タスクトレイアイコンの右クリックメニューからiCloudのコントロールパネルを開きます。

Windowsでメール、連絡先、カレンダーを同期するには、Microsoft Outlook 2007以降がセットアップされている必要があります。

ブックマークはInternet ExplorerとSafariの2種類のブラウザにしか対応していない点は改善してほしいところです。

フォトストリームはWindows PC内のアップロードフォルダとダウンロードフォルダを指定しておくことで、例えばiPhoneで撮影した画像がWi-Fi環境で自動的にWindows PCのダウンロードフォルダに転送されるようになります。

動作環境 -Requirements-

  • Mac OS X Lion
  • Windows Vista SP2/7 (Windowsで使用する場合)
  • iOS 5以降(iPhone, iPad, iPod touch)
  • iTunes 10.5以降

Download
「iPhoneを探す」アプリをApp Storeで無料ダウンロード

このソフトはいかがでしたか?

0
コメント0件
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card