フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

多彩な画像編集機能を持ち、詳細な画像情報を確認できる高機能イメージビューア : Zoner Photo Studio Free

スポンサーリンク


Zoner Photo Studio Free」は、PC内のイメージファイルをサムネイル一覧で確認しながら、選択した画像のサイズ、圧縮方式、カラープロファイル記録されたEXIF情報も同時に確認できる多機能なイメージビューア。

単にイメージビューアだけの機能を持つのではなく、明るさ、色相、シャープ/ほかしなどのフィルタ加工から、赤目除去、文字や記号の合成、ゆがみ、回転、クローンスタンプ(Photoshopでのコピースタンプ)、ペイント加工などの画像編集まで非常に多くの機能を持っており、ビューアで確認しながらそのままイメージ加工をこのアプリケーションで直接行えます。

また、ビューアはフォルダ単位でのチェックだけではなく、撮影日付でのカタログ分類、お気に入りフォルダ単位での画像管理も可能です。

インストール手順

作者サイトよりプログラムをダウンロードします。

Download
Softnicのダウンロードページにジャンプし、自動的にダウンロードが始まります。
ダウンロードしたセットアッププログラムを起動します。
セキュリティの警告画面が表示された場合は、そのまま「実行」をクリック。
「同意する>」をクリック。
ブラウザにSoftnicのツールバーを組み込もうとするので、望まない場合は必ずチェックを外してから「次へ>」をクリック。
Softnic経由で、ようやく「Zoner Photo Studio Free」自体のセットアッププログラムのダウンロードが開始されます。
自動ダウンロードが完了後、ようやく「Zoner Photo Studio Free」本体のセットアップが始まります。

「次へ」をクリックします。

使用許諾の画面が表示されます。

「同意する」にチェックをして、「次へ」をクリック。

標準のままインストールする場合は、「高速インストール」を選択。
インストール先を変更する場合は、「カスタムインストール」を選択して、「次へ」をクリック。
セットアップ処理が終了したら、「完了」ボタンでインストールを終了し、そのままアプリケーションを起動させます。

主な機能・使い方

初回起動時は、初期設定ウィザードが表示されます。「次へ」をクリックします。
※不要な場合は「キャンセル」でもOK。
初めて利用する場合は、以前のデータはないのでそのまま「次へ」をクリック。
「Zoner Photo Studio Free」で一覧表示したい画像フォルダを選択し、さらに「Zoner Photo Studio Free」のビューア内で閲覧している画像をダブルクリックした際にビューアかエディタで開くかを選択し、「次へ」をクリック。
「Zoner Photo Studio Free」をデフォルトのイメージビューアとする場合は、”サポートされているすべてのファイルタイプに対するデフォルトビューアとして設定する” にチェックをします。

より細かくファイルの関連付けを行う場合は、「カスタム設定」ボタンからファイルの関連付け画面を開いて関連付けを行ったあと、「次へ」をクリック。

「完了」ボタンをクリックして初期設定ウィザードを終了します。
マネージャ(画像管理)画面は、左側にフォルダのツリー階層にまとめれたナビゲータと、セットアップ時に指定したフォルダ内の画像ファイルのサムネイル一覧が表示され、サムネイルを選択すると、右側の画像のヒストグラム、EXIF情報などの詳細が表示されます。
EXIF情報。

その他、画像自体の基本情報やタイトル、コピーライト、説明、デジタル署名などあらゆる情報が表示されています。

マネージャ画面のサムネイルをダブルクリックすると、セットアップ時に指定したモード(ビューア または エディタ)で対象画像を開きます。

図では、ビューアで開いています。

キーボードの「+」キーで拡大、「-」キーで縮小、画像の回転、アプリケーションウインドウにフィットさせたり、スライドショーを開始させることもできます。

右上の「エディタ」ボタンをクリックすると、選択中の画像の編集が可能となります。

左側の縦のツールバーには様々な加工メニューが用意されています。

加工メニューは、上からズーム、パン、切り抜き、水平揃え、モーフィングメッシュ、赤目補正、クローンスタンプ、アイロン、ペイントブラシ、テキストオーバーレイ、記号オーバーレイ、ドロステ効果が用意されています。

水平揃えの加工の様子。

2点間の位置を自由に調整しながら、水平位置を決めます。

このような感じで水平位置が変更されます。
ポートレートのようです。
モーフィングメッシュによる、ポイント間でのイメージの歪みを施しているイメージです。

ポイントの追加と削除が行え、実際にはない奥行きや歪みを表現できます。

赤目補正は、赤目が十分確認できるまで画像を拡大して、赤目の部分をマウスでクリックすれば、あとはプログラムが自動で赤目の部分を判断して補正してくれます。
クローンスタンプツールは、イメージ内の余計な部分や背景を消したい場合に活用できます。

Photoshopでの、「コピースタンプツール」と同等の機能で、かなり手軽に高度な加工が行えます。

クローンスタンプは、まず同化させる近くのポイント(範囲)を「Ctrl」キーを押しながらクリックし、そのポイントをから近距離の消したい部分にカーソルを合わせてクリックすることで、2点間の距離を常にずらした状態で像をスタンプして不要な部分を消していきます。

テキストオーバーレイでは、イメージにテキストを合成させることができます。

編集中はテキストの位置、フォント、カラー、サイズ、回転、変形などを自由に加工することができ、アンチエイリアスが効いた状態できれいに文字入れができます。

記号オーバーレイでは、記号フォントをテキストオーバーレイと同じ要領で合成することができます。
色調補正もかなり細かく行えるだけでなく、変更したパラメータの状態をリアルタイムで反映してくれます。
レベル補正。

こちらもリアルタイムでプレビューチェックができるので、直感的に加工ができます。

その他、フレーム加工、ファイル形式の変換、Facebook、Twitter、FlickrなどのSNSへの共有機能などかなりの機能があります。

動作環境 -Requirements-

  • Windows XP / Vista / 7 (32bit / 64bit)

Download

このソフトはいかがでしたか?

0
コメント0件
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card