フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

ALSee : 画像加工、一括変換、スライドショームービーも作成できる多機能画像ビューア

スポンサーリンク


ALSee」は、デジカメで撮影したJPEG画像、収集したPNG、GIF、BMP画像など、あらゆるイメージファイルの一覧表示から個別イメージの高速表示に対応した、簡易画像編集機能付きの多機能な統合画像ビューアです。

簡易編集とはいえ、アスペクト比を保持したイメージのリサイズから指定範囲でのトリミング、彩度・コントラスト・ぼかし・シャープなどの簡易レタッチ、文字の挿入のほか、赤目補正まで簡単に行うことができます。

その他、任意のイメージをまとめてBGM付きのオリジナルスライドショームービーを作成することもできます。

このソフトは、インストールすると既定の画像ビューアとして各種イメージに関連付けられ、イメージファイルを開くと「AlSee」のビューアで直接表示されるため、イメージに何らかの加工を施したい場合に、わざわざこのソフトを別途起動する必要がありません。

また、”イメージポケット” という単位で複数画像をまとめて加工したり、サイズやリネーム、フォーマットの一括変換を行い、効果的に複数の画像ファイルを処理することができます。

インストール手順

Vectorのダウンロードページから「AlSee」をダウンロードし、セットアッププログラムを起動してインストールを開始します。

※Windowsからセキュリティの警告が表示された場合は、「実行」ボタンでインストールを開始します。

Download
セットアップウィザード画面が表示されたら、「次へ」をクリックします。
ソフトウェア使用許諾を確認後、「この使用許諾契約書に同意します」にチェックをして「次へ」をクリック。
インストール先を規定から変更する場合は、「参照」ボタンにて変更し、「次へ」をクリック。
Windowsのスタートメニュー内にショートカットを作成しない場合は、「ショートカットを作成しない」にチェックをして、「次へ」をクリック。
デスクトップにアイコンを作成する場合は、「デスクトップアイコン作成」にチェック、スタートメニューにアイコンを作成する場合は「スタートメニューアイコン作成」にチェックして、「次へ」。
インストールの準備が整ったところで、「インストール」ボタンを実行してインストールを行います。

インストールが始まると、進捗バーでインストール状況が表示されます。
プログラムのコピーが完了すると、「AlSee」のReadmeを確認する画面が表示されます。
確認後、「次へ」をクリックします。
「次へ」をクリックします。
インストール終了後に「ALSee」を起動する場合は、「ALSee*.*(※バージョン)実行」にチェックをして、「閉じる」ボタンでセットアップウィザードを終了します。

主な機能・使い方

「ALSee」を起動すると、ウインドウ左上にPC内のディスク・ディレクトリ構成がツリー形式で表示されています。
ここからイメージファイルがあるフォルダを選択すると、配下にある画像一覧が右側にサムネイルで表示されます。

この表示方法は、より大きなサムネイル表示やファイル情報の一覧形式などにも変更できます。

画像一覧からあるイメージを選択すると、左下の”デジカメ情報”タブにその画像ファイルに埋め込まれている EXIF情報を確認することができます。
「ALSee」の上部メニューでは、一覧の表示形式の変更や、選択中の画像に対する単体での拡大表示、モニタの全画面表示、イメージの回転、などが行えるようになっています。
「Twitter」ボタンからは、直接Twitterへの写真のアップロードが行えます。
「ALSee」では、”イメージポケット” という単位でまとめた複数画像の一括編集を行うことができます。

対象の画像を選び、「追加」ボタンを押すことによって “イメージポケット” に編集対象の画像として登録します。

一括操作できるメニューは、個別にイメージを参照しながら細かな加工ができる「編集」、リサイズやリネームなどの一括変換を行う「一括編集」、イメージポケットの画像でBGM付きのオリジナルムービーを作成できる「動画」、そして画像ファイルを別のフォルダに一度に移動する「ファイル移動」の4パターンから選ぶことができます。

「編集」メニューを選ぶと、左側には各種画像加工のための編集パネル、右側には編集前後のプレビュー表示と元画像との比較表示が確認できる画面が表示されます。

用意されている編集項目は、リサイズ、トリミング、シャープ・ぼかし・モノクロ・セピア・ガンマ補正などのレタッチ、画像へのテキストの合成、吹き出しの合成、フレーム加工、スタンプ挿入、赤目補正、傾き調整と豊富にあります。

ここで設定した編集内容は、個別のイメージだけでなく、「全ファイル変更」ボタンを押すことで、イメージポケットにあるすべての画像に一括で反映させることができます。

「一括編集」メニューでは、イメージポケット内の画像について、サイズ(解像度)の変更、回転、リネーム、フォーマット変換のいずれかまたはすべての項目を一括で処理できます。
「動画」メニューでは、イメージポケットの画像を順番に切り替えてBGM付きのオリジナルスライドショームービーを作成できます。
出力形式は WMVフォーマットにて作成されます。
まず、出力するムービーのサイズ(解像度)を選び、表示順序、1枚当たりの表示時間、BGM(mp3 or wav)を設定します。
スライドショーとして登録できるイメージは500枚まで追加できます。
次に、イメージが切り替わる際のトランジション効果と、全体のフレーム加工の有無と指定する場合はそのフレームを選びます。
設定すると、左側のプレビューにて、リアルタイムでトランジションとフレームのチェックができます。
最後に、ムービーのタイトルの有無とそのタイトル設定、各イメージが表示された際の字幕指定(2段表示可能)、ムービーのエンディング画面設定を行い、実際の動画ファイルに出力します。

動作環境 -Requirements-

  • Windows 2000 / XP / Vista / 7

Download

このソフトはいかがでしたか?

0
コメント0件
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card