フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

複数のJPG, PNGをまとめてリサイズ、リネーム、回転などができるバッチコンバーター : Shrink O’Matic

スポンサーリンク

ShrinkOMatic
Shrink O’Matic」は、複数かつJPEG、PNG、GIFの形式の異なるイメージファイルをまとめて指定サイズにリサイズ、リネーム、回転、フォーマット変換、ウォーターマーク(透かし画像の合成)が一括で行えるバッチコンバーター。

このアプリは、UIがうまく設計されていて、サイズ、回転、リネーム、フォーマット、ウォーターマークの順で横並びの設定メニューをなぞり、あとは画像ファイルやフォルダをアプリケーション自体にドラッグするのみで一括変換が行える、シンプルな操作性と高速な処理が特徴。

なお、「Shrink O’Matic」はAIRアプリケーションなので、システムに事前にAdobe AIRがインストールされている必要があります。

インストール手順 -How to install-

作者サイトよりセットアッププログラム(air)をダウンロードします。
Adobe AIRがインストールされていない場合は、先にAIRをインストールしておきます。ShrinkOMatic-dl
Download Adobe AIR Download

ダウンロードしたセットアッププログラム(Shrink-O-Matic-*.*.*.air)を実行します。ShrinkOMatic-run

「インストール」をクリック。ShrinkOMatic-inst1

インストール先を変更する場合は、フォルダアイコンをクリックして変更し、「続行」をクリックしてインストール。ShrinkOMatic-inst2

デスクトップに「Shrink O’Matic」のショートカットが作成されると共に、アプリも起動します。

主な機能・使い方 -Main Features-

起動後の画面。
上部は一括変換用のメニュー(サイズ、回転、リネーム、フォーマット、透かし画像)が並んでいます。
下部は変換の際に画像やフォルダをドラッグするエリア。ShrinkOMatic

リサイズ

変換する画像サイズは、イメージの横幅と高さの最大ピクセル値を指定してすべて統一した幅や高さに揃えるか、元画像との比率を指定します。ShrinkOMatic-use1

回転

画像を回転して変換する場合は、JPEGの場合はEXIF情報に埋め込まれている正位置の情報を元に画像ごとで変換を行うこともできます。ShrinkOMatic-use2

リネーム

リネームする場合は、アプリによる自動リネーム、ファイル名と連番の組み合わせ($name, $num)によるリネームを選択できます。
“Same as original” を選ぶと、既存のファイル名のまま出力します。ShrinkOMatic-use3

出力フォーマット

デフォルトでは元画像のフォーマットで変換されますが、統一する場合は JPG(品質調整可), GIF, PNGから選べます。
透過PNGは透過状態のまま変換されます。ShrinkOMatic-use4

ウォーターマーク

資料やWebサイトで利用するような画像にウォーターマークを合成して変換する場合は、その透かし用の画像と表示位置を指定しておきます。ShrinkOMatic-use5

最後に、下部の「Drop pics here!」と表示されているエリアに画像や画像フォルダをドラッグするだけで、すぐにバッチ変換が開始されます。ShrinkOMatic-use6

ウォーターマーク合成例

pontocho_kyoto_by_kaboose_18-d2tcz6q-w610-h480_mini

動作環境 -System Requirements-

  • Adobe AIR

Download

このソフトはいかがでしたか?

0
コメント0件
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card