フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

Switch Plus : オーディオやビデオファイルから音声をmp3等の音楽データに一括変換

スポンサーリンク

Switch
Switch Plus」は、あらゆるオーディオファイルまたはビデオファイルの音声パートを抽出して、任意のオーディオフォーマットの音楽ファイルとして変換・出力が行えるマルチフォーマットに対応したオーディオコンバーターです。

このコンバーターでは、多くオーディオフォーマットに対応しているだけではなく、動画ファイルも含めて変換したい多数のメディアファイルを、一括で指定フォーマットにバッチ変換できるため、作業効率がよい点もメリットとして挙げられます。

変換元となるメディアファイルは、複数のファイルを直接指定するか、フォルダ単位で一括で追加します。

また、Switchの画面上に対象ファイルをまとめてドラッグアンドドロップして追加することもできます。

変換対象として追加されたファイルについては、再生確認(オンラインで必要なコーデックのダウンロードが行われる)や、提供元のNCH Softwareから別途リリースされている波形編集ソフト「WavePad」に直接データを渡し、事前にオーディオデータの編集を行えます。

変換元の媒体がオーディオCDの場合は、freeDBサーバーにアクセスして、アルバム情報とトラック情報を取得し、変換後の各ファイルのファイル名への反映とオーディオタグ情報を自動的に組み込むこともできます。

MIDIファイルを対応するオーディオフォーマットの音楽ファイルとしても出力できるため、自作のMIDI作曲データをお好みのMIDI音源デバイスで演奏したオーディオとして、MIDI再生環境に依存しない単一のオーディオファイルに変換も可能です。

Free Software: Switch Audio Converter

Tutorial – Switch Audio Converter

主な特徴 -Main Features-

  • あらゆるオーディオファイルを異なる形式に一括変換
  • 動画ファイルの音声部分のみを抽出し、オーディオファイルに出力
  • 詳細な変換先フォーマット品質設定
  • CDトラック、アルバム情報の取得(freeDBサーバーへの接続)とファイル名&タグ自動付与
  • サウンドデバイスの選択
  • インターネットストリーミングオーディオの変換
  • コンテキストメニューへのSwitch項目の追加
  • 変換と同時にノーマライズ
  • 変換エラー時の制御選択
  • WavePadとの連携(WavePadの呼び出し、波形データ編集)
  • サポートフォーマット:wav, mp3, wma, mp2, m4a, ogg, avi, mid, flac, mov, amr, aac, mpga, dct, au, aif/aiff, raw, dvf, vox, cda, gsm, dss, sri, shn, dss, msv, wmvなど

動作環境 -Requirements-

  • Windows Vista XP/2003/2008 と Windows 7
  • Mac OS X 10.2以降

Download

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card