フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

グループ管理が便利なWindows 8対応のスタートメニュー拡張ソフト : Start Menu X

スポンサーリンク

startmenux
Start Menu X」は、Windowsのスタートボタンとスタートメニューのデザインや機能をより見やすく使いやすくさせる、Windows XP, Vista, 7, 8 対応のスタートメニュー拡張ツール。

特に、Windows 8ではスタートボタンがなくなり、タブレット端末での利用を強引に想定した結果、起動時にはデスクトップではなくスタート画面が最初に開いてしまうが、「Start Menu X」を組み込むことによって従来のWindowsと同じように起動時はデスクトップを表示してスキンにも対応するスタートボタンとスタートメニューを追加することができる。

同様のスタートメニュー拡張ソフトは、他には「Classic Shell」、「StartW8」などがあるが、メモリ使用量では「Classic Shell」がわずか 2MB 程度と最も少なく負荷がないだろう。

なお、「Start Menu X」は「Start Menu X PRO」のフリーバージョンとなっており、Windowsキーでスタートメニューを開くなどのショートカットの割り当てが行えない、プログラム項目のグループ管理機能が制限されている以外の制約はない。

ScreenshotStart Menu X

主な機能・使い方 -Main Features-

メインのスタートメニューに項目を追加するには、スタートボタンからメニューを開き、アイテムの追加ボタンをクリックすると、コマンドやシステムフォルダ、または任意のプログラム等を選ぶことでショートカットとして追加が可能だ。
startmenux-add-item

スタートボタンのすぐ上には、見慣れた検索バーがあり、ここからシステムコマンドやアプリケーション名を指定することで登録されている項目を絞り込める。
startmenux-search-command

メニュー内下部にある電源制御用のアイコンをクリックすると、「Start Menu X」からシャットダウン、スタンバイ、休止状態、スリープ、ログオフなどの電源操作にすぐにアクセスできる。
startmenux-power
startmenux-power2

スタートボタンのアイコンを変更するには、オプションパネルの「スタートボタン」→「スタートボタン用スキン」にて好みのアイコンに変更できる。
startmenux-startbtnskin

本記事掲載時点(v.4.7)では、以下の6種類のスタートボタンアイコンが用意されている。
startmenux-startbutton-skin

スタートボタンとは別に、スタートメニューのスキンを変更するには、同じくオプションパネルの「スキン」から変更が可能だ。
startmenux-menu-skins

スタートメニューに登録されているプログラムが多くなると、いざ起動するときに探すのが少々面倒になるが、「仮想グループ管理」機能にてジャンルごとにスタートアップ項目をグルーピングしておくとメニューがすっくりして便利になるだろう。
startmenux-virtual-group-enabled

startmenux-virtual-group-enabled2

フリーバージョンでは、デフォルトで用意されている「グラフィック」、「システム」、「オフィス」、「ゲーム」、「インターネット」以外の仮想グループ作成ができないが、既存のメニュー項目をこれらのグループのいずれかに振り分けることができる。
startmenux-virtual-group-management

動作環境 -System Requirements-

  • Windows XP / Vista / 7 / 8

Download

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card