フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

ObjectDock : タスクバーの代わりにもなるMac風デスクトップドック・ランチャー

スポンサーリンク

ObjectDock : タスクバーの代わりにもなるMac風デスクトップドック・ランチャー
「ObjectDock」は、Windowsのデスクトップ上にMac風なアニメーションドックを追加できるフリーソフトです。

「ObjectDock」は、任意のショートカットを任意のアイコンでデスクトップ上にMacでよく見かけるようなドック・ランチャーとして追加できるデスクトップユーティリティで、マウスでなぞると各アイコンがアニメーションによって前面に飛び出ててきます。

ドックレット(ランチャー)は標準でいくつか用意された状態でインストールされ、(マイ)コンピュータ、マイドキュメント、ピクチャー、インターネットエクスプローラ、メール、メディアプレイヤー、ごみ箱アイコンなどは初めから利用することができます。

デフォルトで合計15種類ほどのドックレットが用意されており、もちろんユーザ自身がよく使うアプリケーションやフォルダなどを指定して好みのアイコンで「ObjectDock」に追加することも可能。

ドック・ランチャーの背景スキンも初めからいくつか用意されており、表示位置は上下左右のいずれかを選択し、さらに画面端からの距離を指定できます。

通常、タスクバーには起動中のアプリケーションやフォルダなどのエクスプローラが表示されていますが、これを「ObjectDock」上に自動的にサムネイルで取り込むこともできるため、タスクバーを隠して「ObjectDock」上でウインドウを自由に切り替えて使うことも簡単。

常時起動中でも、メモリ使用量は4MB~11MB程度なので負荷を気にせず、マルチタスクで作業できます。

「ObjectDock」疑似体験はこちら

「ObjectDock」の実際のドックをWindowsのデスクトップ上で動かしているイメージ動画はこちら↓。

また「ObjectDock」のアイコンや追加ドックレット、背景スキンなどが大量に以下のサイトからダウンロードできます。
組み合わせればかなりオリジナルデザインのドック・ランチャーを作りこめます。

ほとんど同一の機能を持つデスクトップカスタマイズ用フリーソフトに、「RocketDock」がありますが、操作感もほとんど一緒なので、どちらを選ぶかは細かい機能面での比較や好みの問題になります。
ただし、常駐リソースは「RocketDock」の方がObjectDockの1.5~2倍程度消費します。

上位シェアウェア版の「ObjectDock Plus」ではドックのタブ切り替えや、マウスオーバー時のアイコンアニメーションなどの機能が拡張されています。

主な特徴 -Main Features-

  • デスクトップ上にMacのGUIようなアニメーション ドック・ランチャーアイコンを表示
  • カテゴリ別のプリセットアイコンの使用
  • ドック用オリジナルアイコンの適用
  • プリセットで用意されている背景スキンの変更
  • ドック用背景画像の入れ替え
  • アイコン表示の大きさ、アニメーションのズーム設定
  • プリセットで用意されているドックレット(Docklets)は15種類
    (Eメール、インターネット、メディアプレイヤー、MS-Word、スタートメニュー、ごみ箱、時計、天気予報、ウェブ検索など)
  • 起動中のアプリケーションウインドウをサムネイルでドック内に表示(タスクバー代替)
  • ドックの位置の調整
    (上下左右、画面端からの距離指定)
  • 表示オプション
    (常に手前、使用しないときは背面に移動、またはオフスクリーン)
    ※自動オフスクリーンの場合は、マウスが近づいたときにどれくらいのスピードで再表示させるか設定が可能
  • パフォーマンスオプション(メモリ使用、アニメーションの精度などの調整)
  • トラブルシューティングオプション

動作環境 -Requirements-

  • Windows Vista/XP/2003/2000 (Windows 7(32bit/64bit) 動作確認済み)

ObjectDock日本語化ファイルのダウンロードはこちら

Download

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card