フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

Free Screenshot Capture : 豊富な加工機能を持つ柔軟なデスクトップキャプチャソフト

スポンサーリンク


Free Screenshot Capture」は、画面やソフトウェアの操作手順や、プレゼン等で用いる説明用に便利なオブジェクトや文字の挿入など、豊富な加工機能を持つ便利なデスクトップキャプチャソフトです。

スクリーン全体や指定範囲のキャプチャから、Webカメラからの静止画キャプチャ、遅延キャプチャなど柔軟な画面のスナップショット方法を選べるほか、スクリーン上のある場所の角度やルーラーでオブジェクトの幅や高さを測る機能、カラーピッカーなど、キャプチャ以外にも様々な機能があります。

Webデザイナーや、UIデザインも手掛けるディベロッパーにはとても便利なキャプチャツールです。

インストール手順

作者サイトより、セットアッププログラムをダウンロードします。

Download

ダウンロードして保存したセットアッププログラム「FreeScreenshotCapture_setup.exe」を実行します。
セキュリティ警告画面が表示された場合は、そのまま「実行」ボタンをクリックします。
セットアップウィザード画面が表示されます。「Next」ボタンをクリックします。
ソフトウェア使用許諾画面が表示されます。
“I accept the terms in the License Agreement”にチェックして、「Next」をクリック。
インストールフォルダをデフォルトの場所から変更したい場合は、「Change…」ボタンでインストール先フォルダを変更後、「Next」をクリック。
「Install」ボタンをクリックしてインストールを開始します。

インストール進行状況が表示されます。

インストール完了後、そのまま「Free Screenshot Capture」を起動する場合は、”Launch Free Screenshot Capture”にチェックをして、「Finish」をクリックしてセットアップを終了します。

主な機能・使い方

「Free Screenshot Capture」を初めて起動すると、各機能を示すアイコンが並ぶスタートメニュー画面が表示されます。

ここで選択可能なメニューは以下の通り。

  • 指定範囲のキャプチャ :「Screen Capture」
  • 遅延(タイマー)キャプチャ : 「Delay Capture」
  • 画面全体のキャプチャ : 「Full Screen Capture」
  • Webカメラからキャプチャ : 「Webcam Capture」
  • 画面上の任意の領域の角度を計測 :「Protractor」
  • 画面上の任意のポイントのカラーを取得 :「Color Picker」
  • 画面上の任意の範囲の幅または高さ(ピクセル)を計測 : 「Ruler」
  • 拡大鏡 :「Magnifier」
  • 画面の明るさとガンマ値調整「Brightness」

次回以降、このスタートメニューを表示しない場合は、”Don’t show this again”にチェックをします。

「Screen Capture」を選び、画面上の指定範囲をキャプチャする例を示します。

キャプチャが開始されたら、まずキャプチャを取得する開始点をマウスでホバーして決定後、クリックしたままの状態にします。

開始点をクリックしたままの状態からさらにマウスで終了点までドラッグし、キャプチャ範囲を囲みます。

キャプチャの範囲指定後、「カシャ」という撮影音が鳴り、キャプチャ領域の外側に簡易加工メニューが表示されます。
※キャプチャの範囲は指定後もマウスで如何様にも変更可能です。

ここでは、ぼかし、ハイライト、四角形や楕円オブジェクトの挿入、文字入れなどが行えますが、各種加工機能については細かな設定はできません。
キャプチャしたイメージに、より柔軟な加工をしたい場合は、一番右のボタンから「Edit in Screenshot Editor」を選びます。

さらに編集メニューが表示されたら、「Open in image editor」を選んで、「Free Screenshot Capture」に内蔵のイメージエディターを起動します。
※ その他、このメニューではイメージファイルに保存したり、Thunderbirdでのメール送信、印刷、Microsoft Office(Word, Excel, PowerPoint)への貼り付けなどが行えます。

“Screenshot Editor”が起動します。
ここでは、キャプチャイメージにより凝った加工が行えます。

各種オブジェクト(四角形、楕円、矢印)について、枠線の太さ、カラー、塗りつぶしの有無と色、透明度、シャドウオフセットを自由にカスタマイズできます。

さらに、テキストの挿入、ハイライトの挿入、指定範囲のぼかしまたはモザイク、イメージの回転、トリミング、エフェクト(ボーダー、ドロップシャドウ、トーンエッジ、グレースケール、色反転)などの豊富な加工を施すことができます。

例えば、ハイライト効果では、主にテキストが表示されている個所を半透明の任意のカラーでマーキングして強調するような加工ができますが、逆に指定領域以外をぼかして明るさも調整し、加工していない指定領域内を目立たせるハイライト効果などもあります。
キャプチャイメージの加工が終わったら、PNGやJPEGなどの画像ファイルに保存、またはクリップボードにコピーすることもできますが、その後キャプチャイメージをMicrosoft Office(Word, Excel, PowerPoint)で利用する場合は、この「Screenshot Editor」画面のメニューから、対象のOfficeプロダクトを直接起動してそのまま貼り付けることができます。
カラーピッカー
カラーピッカーを起動すると、座標と拡大鏡が表示され、カラーコードを取得したい画面上の点を決定してクリックすることで、そのポイントのカラーとカラーコードの詳細が瞬時に取得できます。

カラーコードを取得し、カラーピッカー画面が表示された時点で、既にクリップボードにカラーコードがコピーされてます。

必要に応じてカラーを調整してから、再度カラーコードをコピーしたり、「Pick Color Again」ボタンで再度座標と拡大鏡を表示してカラー取得モードに戻すこともできます。

角度の計測
「Protractor」を起動すると、画面上の任意の3点の角度を求めることができます。

Webデザインなどで参考にしたいサイトやロゴ、イラスト、デザイン、レイアウトを見つけたときに、どれくらいの角度でそのオブジェクトの一部がデザインされているか、などを知りたい場合に役立ちます。

角度よりもよく利用する機会が多そうなのが、この「Ruler」。
画面上の指定部分の幅または高さをピクセル単位で計測できます。

Webサイトのコンテナ幅やサイドバーの幅、その他レイアウトやデザイン素材のサイズを測るときに便利です。

「Free Screenshot Capture」のこれら各種機能は、常駐しているタスクバーのアイコンからメニューを開き、いつでも呼びだすことができます。
タスクバーアイコンのメニューから「Change Shortcuts…」を選ぶと、キャプチャをはじめとする各種機能のショートカットキーを割り当てたり、変更することができます。

他のキャプチャツールと併用していてショートカットキーがバッティングしている場合は、ステータスが「×」となっているので、このショートカットマネージャから割り当てを変更してバッティングを解除します。

動作環境 -Requirements-

  • Windows 2000 / XP / Vista / 7

Download

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card