フリーソフトコミュ ~国内・海外の無料アプリ紹介~

Facebookページの壁紙を簡単に変更できるChrome拡張機能 : Facebook Background Changer

スポンサーリンク


Facebook Background Changer」は、ログイン中のFacebookページの背景画像やヘッダーバーのカラーを変更することができる、Chromeの拡張機能(エクステンション)です。

また、Facebookページのメインカラムの透明度も変更でき、壁紙の透かし具合を調整してデザインするオプションもあります。

この拡張機能は、Facebookのフレンドや自分のページにアクセスしたユーザー全てに一般的に公開されるものではなく、ChromeにてログインしているFacebookページをカスタマイズするもので、この同じ拡張機能を有効にしているFacebookユーザーのみに対して公開することは可能です。

インストール手順

Chromeウェブストアにて、Facebook Background ChangerをChromeに追加します。

Facebook Background Changerのダウンロード

拡張機能の追加確認メッセージが表示されたら、「追加」をクリックしてダウンロードを開始します。

ダウンロードが終わると自動的にChromeに追加されます。

主な機能・使い方

この拡張機能は、ChromeでFacebookページにアクセスするとアドレスバーに自動的にアイコンが表示され、これをクリックすることでオプション画面をタブで開いてカスタマイズをします。
オプション画面にて、図の部分にPC上に保存している壁紙にしたい画像ファイルを直接ドラッグします。
他の画像もドラッグして追加した場合、下の「History」(履歴)にサムネイルが表示され、「Restore」で壁紙対象として戻し、「Remove」で履歴から削除します。
「Current Background」の「Effects」ボタンをクリックすると、画像加工メニューが表示されます。
ここでは、グレイスケール(Grayscale)、セピア(Sepia)、色相(Hue)の3種類について各エフェクトの割合を調整して壁紙を加工できます。
右上の「Options」メニューを開くと、Facebookの自分のウォールのトップやサイドバーの背景の透明度(Facebook Page Opacity)を設定できます。
「Background Sharing」は、”Private”にすると壁紙や透明度などのカスタマイズした状態が、ログインしている自分自身にしか見えない状態となり、「Public」にすると壁紙がローカルから「Facebook Background Changer」のサーバーにアップロードされ、この拡張機能を利用しているユーザーすべてに見える状態となります。

「Background Display」は、”Tile”にすると指定した壁紙イメージを敷き詰めて表示し、”Stretch”にすると画面サイズに合わせて引き伸ばして表示します。

実際にFacebookページの背景画像に反映させるには、「Current Background」のイメージ上で右クリックメニューを開き、「Set as Facebook background」を選択します。
実際にカスタマイズした状態がこちら。
また、Facebookのヘッダーカラーも変更することができます。
「Facebook Header Color」メニューからカラーパレットを開き、色を決めたら「Choose」ボタンで即座に反映させます。
このようにヘッダーカラーも変わりました。

動作環境 -Requirements-

  • Google Chrome

Download

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
QR Code Business Card